前回大会との比較

感情の記憶

今回の出場記の内容は全て前回に記したブログとの連続であり、何かにつけて比較したものとなっている。

読む方がくどいと思うくらいに「前回メルボルンの時は・・・」となってしまうことをお許しいただきたい。でも、前回のことをブログに記しておいたおかげで4年半前の出来事を昨日のように思い出しながら、なぞりながら今回の一連の日々(出場の決まるずっと前から)を過ごすことができた。

4年に一度しかないチャンスだけに経験の強みと記憶が活きた。書いておくことで忘れずにいることができた。本当に5年前、コース下見で出向いた帰りのバララット駅で食べた昼食まで覚えているくらいだ・・・。

世界最速流線型エレベーター
台北101 世界最速流線型エレベーター

(前置きはいいから早く!)

とはいえ、経験がなくてもひょいと軽やかに乗り越えてゆく若い人らも多かった──ことについて次回。


※段落見出しのアイコンはご覧の通り台北101の先端部分にしてみました。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。