看板に見られる鍛冶芸術

マイスターの国、ドイツ

ドイツに限らずヨーロッパの町には店前に掲げられた看板がユニークで美しく、これも一つの芸術鑑賞となりうるくらいに見て愉しい。ローテンブルクは特に魅力的という。

Rothenburg Schild
マリア薬局
杖に蛇
Rothenburg Schild
ホテル アイゼンフート
冑(かぶと)

この日は──というかこの旅行中は──あいにく天気に恵まれず、本当なら青空をバックにして撮りたかった、そういう他のサイトは既にたくさんあるのだけれど、僕も自分でやってみたくて(笑)、以下、看板の数々。曇り空を意識的に避けて建物をバックにした分、ちょっと見づらいけれど。

Rothenburg Schild
Rothenburg Schild
白鳥

動物の意匠が多く、また看板そのものは鳥の嘴に引っかけられている、というつくりが多い。

Rothenburg Schild
Burger Keller ワイン酒場
ワイングラスの左右に葡萄の葉とつる
Rothenburg Schild
Hotel Meistertrunk
ジョッキワイン一気飲み

何なんだろう、と思うものもあれば

Rothenburg Schild
童話に出てきそうな太陽
Rothenburg Schild
食卓の定番ブレッツェル(Brezel)

分かりやすいものも多い。

Rothenburg Schild
アイスクリームをシンプルに
Rothenburg Schild
看板以上に獣の頭? の方が面白い

文字だけの看板でもオシャレ。

Rothenburg Schild
アイコンにもしたかったローテンブルクのシンボル
Rothenburg Schild
曇り空をバックにするとこう

ライオンがつかむ編。左は赤い城(=ローテン・ブルク)で市の紋章、右は冠をかぶったブレッツェル。

以下まだたくさんある、さらにザルツブルクはその数倍・・・についてまた余裕あれば。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。