最後に初日の宿を決めて、一段落

初日のプラハ

チェコ滞在中、初日のプラハの宿を決定。プラハ→チェスキー・クルムロフ→プラハと移動することにした、最初の宿だけれど、ここは本当に泊まるだけの最低限でいいから、最後に。

考え抜いたこれまでと違って、求めるものは多くないが、2点、条件あり。

まず、場所。翌日、チェスキー・クルムロフ行きに素早く行動を移せるように。となると、どこをどう移動するのか行動計画も考えて。チェコ鉄道で調べてみると、クルムロフ行きは鉄道もあるが、バスの方が早く便利のよう。

Czech Railways


次に、安くてもいいが、バスタブのあること。長いフライト後の疲れは、せめて浴槽に身体を沈めて癒したい。個人差もあるんだろうけど、昨年のスイスでは直行便で到着も早かった、移動で身体を動かしたのに、足のむくみが2日目でも取れなかったくらいなので。

HOTEL BARFOらのメール
HTMLメールだと楽しい

この二つを満たすホテルとして、チェコ本駅にもフローレンツ・バスターミナルにも近い Hotel Barfo に決定。結果的に、ではあるけれど、ここも客室数20と小さなホテルのよう。


Barfo Hotel Prague | venere.com


チェコへは直行便無く、どこかで乗り継ぐ必要がある。近隣のベルリンかウィーンかロンドンか・・・等。今回はパリで乗り継ぎ。おお、フランスにも初めて足を踏み入れることになる。

プラハ着は夜19時55分。そこから出国手続きを済ませてバスでさらに市内に移動・・・となると、だいぶ遅くなりそうなので、ホテルの有料送迎サービスを申し込んだ。

メールの返信によると、ドライバーが名前を掲げて待ってくれるらしい。楽しみだね。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。