夏休みは長めに欧州

ユーロ高でも好調、中欧や東欧も人気

ボーナス商戦とか夏休み関連の記事が多くなってくる。今日も今夏の海外旅行の予約が好調という記事が各紙に。

近場のアジアに人気が集中したゴールデンウィークから一転、夏休みは欧州など遠方への旅行を計画する人が増えている。行き先は定番のイタリアやフランスだけでなく、チャーター便を使った中欧や東欧も人気。

(2007/07/06日経)

こういうのって気分、フィーリングが大きいんだよね。僕がつい先週にチェコ行きを決めたのも、いよいよ7月が迫ってきて「もうすぐ夏休みだ」「夏の想い出ほしい!」という衝動に駆られたから。

近畿日本ツーリストのチャーター便を利用した8日間のスイス旅行は2ヶ月で1700人が申し込んだ。

チャーター便を利用してのスイス行きは福岡発も大人気のよう。本当にスイスはいいよ~! 今なお、「もう一度スイスが良かったかも」と思うくらいで。

今日、帰り道の本屋でまたチェコ本を買った折、「世界50景」なる本をぱらぱらっと見たのだけれど、スイスからはクライネシャイデック、ユングフラウの景色が50選入り。何度見ても、何度思い出しても、胸が詰まる光景・・・。

森と高原と古城の国

【楽天ブックスならいつでも送料無料】物語チェコの歴史 [ 薩摩秀登 ]
2006年刊中公新書

『物語 チェコの歴史』(薩摩秀登/中公新書)を購入。「まえがき」だけで非常に興味深い関心をそそる。

複雑な民族問題や国際関係を抱えた東欧で、歴史の荒波に翻弄されながらも、たくましく、したたかに生き抜いてきた国

というとらえ方も一般的だが、

「大国(ソ連)に翻弄された」小国というイメージだけですべてを見ない方がよい。

栄華を誇った中世のチェコ王国と、激動の歴史をくぐり抜けた現代のチェコ共和国。ロマンティックな景観の背後の歴史をしっかりと学んでおこう。

航空券の次は宿の手配。宿泊地をどこにするか? プラハは当然、外せない。最初はツアー等のようにドイツ等の隣国行きも考えたが、やはりチェコ一国に絞った方が心に残るはず。もう1箇所(あるいは2箇所)は南部の小さな街にする予定。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。