カズ、走り続ける理由

NHKプロフェッショナルの「キング・カズ 走り続ける理由がある」を興味深く見る。

内容的には特段の新味があるというものでもないけれど、同い年の最大のヒーローのカズは存在がすべて。CM無しでカズの映像を59分、みっちり見ることができただけで充分。

15歳で単身、ブラジルに渡ったときからすごいヤツがいるものだな、と思っていたけれど、より好きになった、親身に思えるようになったのはやはり、ワールドカップ代表メンバー落選を経てなおも頑張る姿に打たれて。

順境にあるときでなく、逆境を経て問われる生き方に共感する。

12年前のことを語り出した。

「お前はここから、どう生きるのか」

あそこからがサッカー人生の始まりだったのかもしれない

そこまではもしかすると、余興だったのかもしれない


あそこからほうんとうにこう「お前はどう生きるのか」と

サッカーの神様が与えてくれた、そんなような気がする

3月7日、カズにとって43歳と9日で迎えた開幕のピッチ。僕も同じく43歳と9日で迎えるのが次のレースだ。がんばろう。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。