夏のさなかに、しばし佇む

週末の時間を利用してホームページからブログへの移行作業。

ちょっと早い墓参りで実家に寄ったら、母がこの夏、富士山に登るのだという。

富士山の険しさは一応、知っているつもりなだけに、70歳の母には正直、勧めたくないが・・・。でも、日本人として一度、登っておきたい気持ちがあるのか。無事を祈るばかり。

それにも触発されて、旅行記中の「18歳の夏休み」を移行。

以前のホームページをこのブログに移行することは、作業的には大したことはない。完走記や本棚のストックのたくさんあるページも1日あれば一気に移せる。でもぼちぼち・・・としか進まないのは、ホームページも「引っ越し」というように、そこにセンチメンタルな気分、ノスタルジアが混じり込むから。

引っ越し作業で荷を積めようとして、ふと、昔のアルバムや読んだ本を開いてうずくまってしまうような、それと同じことがホームページにもある。

前回、アップしたのは「18年前の出来事」だったのに、さらにその後4年が過ぎて、今では「22年前の出来事」。「歳とるよなあ・・・」って。特に夏は、夏休みや旅行や特別なイベントが多くてそうなりがち。

「あの頃」にしばし佇んでしまう。

18歳の夏休み



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。