父の日、ロアール

父の日、ということで少し実家に寄ると、ケーキが準備されている。

誰が買ったの? というと、父自身だという。本来、贈られる立場なのに・・・。実は、これ、父の日、というより、姪の誕生日でもあるから。ただ、母の日に続き、例によって主役はスポーツ少年団の試合とかで今日も不在。

実は妻も手作りでケーキを持参していたのだが、見るも華やかなこのケーキにすっかりかすんでしまった。

ロアール(=店名)で買ったのだという。ずっと昔は伊佐江店が本店、今は桑山に本店の置かれる、パンの店。食パンの美味しいのが有名で、小学校の頃の帰り道、時々、寄っていた。といっても、当時のガキであるから、小遣いも大したもののはずはなく、5円か10円くらいで“パンの耳”を食べて、それだけで充分、喜んでいた。懐かしい昭和の頃の話。

桑山の実家近くにはシェ・モムというまた別の有名なケーキ店があるのだけれど、今回、食べたロアールのケーキも美味しかったな。

防府、というとこの前、目指したのが双葉屋。ここのサンドイッチが絶品。幼稚園の頃の弁当の日、なぜか、母が必ず、持たせてくれた。味は他に勝るもののない分、結構、値段も高いんだが、僕がぐずるのをなだめるためだったのだろうか・・・? 僕の幼稚園の頃の数少ない記憶のひとつが双葉屋のサンドイッチだ。

でも、駅北口の再開発であのあたりの店は全部、なくなっていた。どこにいったのだろう?


 

  Related Entries


 comment
  1. 26kame より:

    たしかにっ!、
    双葉屋には、幼いころの母親との思い出が詰まっています。
    そこのサンドイッチ、特に、生クリームとかみかんとかぎゅっと詰まったやつは、あこがれでした。
    マルシンだったけ(?)、スーパーがあって、その帰りがおねだりタイムだったように記憶しています。
    なつかしいなぁ~。

  2. より:

    あった! ぱん職人ふたばや という名前で、かつ、移動していたよう。
    http://www.tys.co.jp/tv/chigumaya/gourmet/060513.shtml
    (テレビ山口 tysちぐまや家族 グルメ紹介)
    双葉屋のサンドイッチといえば、あの包み紙・・・。
    今度、行ってまた報告します。
    それにしても、よかった。

  3. 26kame より:

    包み紙・・・・、うぐぐっ、涙・涙。
    思い出しました!!

  4. より:

    後日談があって・・・。
    双葉屋をみつけられず、でも、サンドイッチが食べたくて、そういえば、山口と防府に神戸サンド屋という、サンドイッチFC店が数年前に進出してきたのを思い出して探したのだけど、山口店はなくなっていた。
    (防府店はまだあるよう)
    FC店と違って、地域に愛され続けてきた店というのは市民の出身者の誇りでもあるね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。