ホームページとブログの融合 2

ホームページとブログ

融合なり、再構成を図る前に、僕なりに考える形(姿)についてメモを残しておきたい。まず、ホームページとブログそのものについて、その違いなど

以下はあくまで僕の主観によるものが大きいので、世の定義とは少し、違うかもしれない。また、「ホームページ」*と「ブログ」が、はっきりと別個のものでもないから、単純には分けられないことも自覚しての記述。

*
「ホームページ」といういい方はあくまで「トップページ」のみを指すもので、ページ全体を称するのは正確でなく、正しくは「ウェブサイト」または「ウェブページ」と呼ぶべきであることは開設前から分かっていたけれど、今も「ホームページ」という言葉は普通に認知され使われている。逆に「ウェブ」という言葉の方が「業界の人」が使うくらいで、あまり定着していない、敷居が高くて「普通の人」が口にするのは気恥ずかしい、と思うのは僕だけだろうか? スイスの旅館紹介ページも、各ホテルへのリンクは全て「HomePage」表記になっていたから、世界的にも問題ないのだと思う。

違い、メリット・デメリット

ホームページとブログの違いについて、いくつか考えてみると──

ホームページ
  • HTML+CSSでページ作成してFTPでアップロード
    (知識がある程度、必要)
  • 情報を整理しやすい
  • 情報を体系的にサイトに収納
  • 例えるなら、本、図書館(=分類ごと)
  • ブログより落ち着いた形
  • カタログ
ブログ
  • Weblog
  • 日記風簡易ホームページ
    =「日記」として利用されている側面が大きい
  • レンタルブログで誰でも無料で即座に開設できる
  • HTML、CSSの知識を特に必要とせず作成できる
  • 豊富なデザインテンプレート(レイアウト)が用意されている
  • その都度、ページ作成する必要がないから、慣れると運営が楽
  • 情報は時系列的に置いてゆくのが主流
  • 例えるなら、新聞、ニュース(リアルタイム、即時性)
  • スーパーのチラシ(鮮度の必要な情報)
  • 古い情報は下へ
  • コミュニケーション機能(コメント、トラックバック)が豊富
  • SEO(検索エンジン対策)効果が大きい
  • RSS機能(更新情報自動配信)

それぞれに長短があるけれど、カスタマイズできる人は長所を一層、伸ばし、短所を見事にカバーしている(例えばブログでも時系列性より、体系的な整理を優先しているサイトなど)。

ブログレイアウト

僕の目指すのも、それぞれの長短を活かしたもの。ホームページの良さ、特に、情報を体系的に整理しやすい形を残したまま、ブログの良さ(即時性、コミュニケーション機能、楽な運営)を取り入れたい。

ブログ、ときくと、普通の人は大体、イメージするところが共通すると思う。大体は上部にタイトルヘッダーがあって、下に2カラムレイアウトというのが多い。デザイン(レイアウト)に共通する点が大きい。2カラムというのは、メインとサイドバーの左右の画面分割のこと。メインにコンテンツ(記述部分)を置き、サイドバーにカレンダーやカテゴリ、コメント一覧がある、といった形のこと。両側にサイドバーを置く3カラムもあり。2カラムと3カラムの割合は8:2くらいで2カラムの方が多いと思う。開設者の好みと同時に、見ている方も、その位の割合で支持していると思う。

3カラムはちょっと、両側から挟まれて、見ている方も苦しい。もちろん、3カラムが好きな人も多い。それは自由。ちなみに僕は、後述するけど、割合でいうと0.5くらいの「シングルカラム」(このページのように)が大好き。

話は脱線するけれど、皆さん、2カラムブログのとき、サイドバーは左右、どちらにあった方がいいですか? ホームページだと、フレームにしろ、メニューバー(ナビゲーションバー)にしろ、必ず左にあるね。このホームページも、完走記他の目次ページは左に年別のメニューを置いている。パソコンでもブラウザのお気に入り(ブックマーク)やファイル管理のエクスプローラーは必ず、左にメニューがあるもの。

でも、ブログでは今は右にサイドバーを置くのが主流じゃないかな。「メニュー」を優先したいか、「コンテンツ(本文)」を優先したいか(させたいか)、の結果だと思う。意識しないで画面をみるとき、左と右では、左の方に関心が行くもので、右側はさらっと流してしまう。だから、優先させたいものを左に置いている。ブログの場合、初めてそのページを訪れるよりも、常連が毎日、見に行くケースが多い。だから、メニューを探すよりも本文を読むことを求めている訳で、本文が左からすぐに始まった方がいい。文字は左から右に進むので、頭(左)からすんなり入るためには、左に余計なものを置かない方がいい。

僕も3つ持っている(ホームページからあえてリンクは置いていない、更新も止まっているけれど、の)ブログは、そう意識してテンプレートを選んだわけではないけど、皆、右サイドバーの2カラムレイアウト。うち、seesaaの2つは、シンプル志向で右サイドバーにも極力、表示を抑えたカスタマイズとしている。

目指すのは

話を戻して──

ブログの良さは認めつつ、「ブログ的でないサイト」が作れたらいいな。既述したように、僕はシングルカラムが好きなので(=頭が単純なので)、左右にメニューがちょろちょろしている(それはそれで使いやすい)よりも、本文は本文だけで、後は上下のナビゲーションバーからトップページに戻ってね、というのが好み。

ブログを取り入れたページに再構成しようと、イメージだけは何度も繰り返して、この際、やはり普通のブログのように2カラムレイアウトとせざるを得ないかな、と悩んで(諦めて)もいた。上部にグローバルナビゲーションをつけた、一般の企業サイトのように。でも、それでは個人のホームページの、個人らしさ、「ホームページ」らしさが失くなってしまう気がする。できれば、今のホームページの見た目はそのままで、実はブログ、になっているのがいいと思っている。

数は非常に少ないけれど、そういうページもあるので、それを目指していきたい。

本当はこんなことをあれこれ云う間に作業した方がいい(!)のだけれど、作業録、備忘録として。

追記(22:53)

と、あれこれ云っていた後に注文していた本も届いたので作業開始。夕方、一応、形としてはブログ設置完了。

http://www.silentsheep.net/blog00/

再追記(2/11):URL変更

http://silentsheep.net/blogwork/


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。