七年目の・・・

秋桜が秋風に揺れ、金木犀の芳香漂う頃・・・というと気障すぎるのだけれど、今日が結婚記念日、の満6年。

といって何か特別なことをしたわけでもなく、7年前当時、なじみの院長にいただいた保手浜さんの版画「祝婚歌」(吉野弘)を節目の時くらいは読み返して、

色目を使わず

ゆったり ゆたかに

光を浴びて

・・・いた一日。

今日から7年目。「七年目の──」という映画があるけれど、さてさて。


「祝婚歌」




 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。