自転車通勤30年

気持ちはランス・アームストロング

仕事はまだ22年なので高校の3年と大学時代5年を加算して。

電車通学といった響きに憧れたのも今は昔、そんな都会的なこととは全く縁ないまま、全て1~2km程度区間に住み続けている。定期といったものを持ったこともなく、また、地方なら当然のマイカー通勤ということも未だ経験なく、ひたすらペダルを漕ぎ続けている30年。

今日は職場が停電で行きようがないので、やっと休日らしい休日、もげてしまったスタンド部の交換に出向く。まさに快晴のサイクリング日和なのに今は根性なく、数キロの距離でも疲れる。

ついでにチェーンも相当伸びきっている、たわんでいるということで一つ詰めてもらった。それはもう毎日、力入れて漕いでいる、坂道を思い切り踏み込んでいるので伸びてくれようもの。こうして、なんだかんだと自転車は修理やパーツの交換も多く、メンテ費用に結構、つぎこんでいる。

今はもう旅行性も趣味性も走行性もない、単なる通勤と買い物の「足」としてが全てなのだけれど、つくづくお世話になっている。これからもずっと、かな。

今日は快晴のいい天気。アパート前の椹野川

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。