空白の一日から28年

今日、新聞の1頁全面広告で知ったのと、TVでもCMで放映されているのを初めて見た。

小林と江川が28年の時を経て初めて言葉を交わす対談があったんだそうだ。

新聞の広告では江川が謝って「和解させていただいたということで・・・」らしい。

江川はもちろん、小林の方にも心の中にわだかまりはずっとあったはずで、人間、敵対せずに仲良く丸くやってゆくのが一番だけれど、当時のプロ野球ファンとしては何かすっきりしない複雑な気持ちが残る。

小林も江川がいてこその劇的な人生であったろうし、積もるものがあったろうから酒くらいはいいのかなとも思えるけれど、なぜ企業広告として商業的に利用されるのか。「対談DVD」まで製作中らしい(売るのかい!)。

あの「空白の一日」だけの問題ではなくて、江川に支持が集まらないのは、その後の巨人在籍中の選手時代、引退、引退後のTVでのタレントぶり・・・というところからも江川という人間の狡さと計算高さと抜け目のなさと・・・が分かるから。

対して、小林の強烈な反骨心を見せて22勝もの活躍を見せた、あの無言の姿はかっこよかった。シビレさせられた。当時、中1の僕にも男はこうでなくては、と思えた。

このときの江川をはじめとして、ロッテが嫌だといった小池やダイエーを蹴った元木や・・・に比べて、最近の高校生の方がダルビッシュ(日ハム)にしろ、田中(楽天)にしろ、今年の中田にしろ、「どこでも」とセ・リーグや希望球団にこだわらない姿勢が余程、見ていて気持ちいい。

江川はどこまでもTVの世界で勝手に成功すればいいけど、同じ土俵に小林はのってほしくなかった。CMなんかで周囲がのせてほしくなかった。ずっと胸に秘めたまま・・・でもファンは一生、忘れていないのに。


黄桜CMで、小林繁さん・江川卓さんが初共演!!



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。