2017/2018

Let's take a chance and fly away

あけましておめでとうございます。昨年は振り返るに、4月に担当の変わった業務が 1. 周年は春先から疾走中 2. 単発は初ケースに追われる 3. 新規は思いがけず途中から急に社会的な注目も高まり驚く等々、ブログをざっと見返しても余裕(話題)の無かったことがよく分かる。

走る方は2月の東京と12月の福岡国際とで8分もタイム落ち、ではあるけれど、練習のあまりできなかった状態ながらもマスターズの大会を4度、走ったり、東京はタイムに、福岡国際は完走に、とともにこれ以上無い大満足の結果だった。駅伝その他も・・・と、50歳シーズンとしては上出来過ぎる内容。

ランナーなら自分の記録を管理していると思いますが、所属する部の方で過去からの部員の記録も十傑等でしっかり管理していて、昨年は自分もトラックで800、1500、3000、5000、10000、ロードで5km、20km、ハーフ、フルと、走ればそのままM50の記録になるので(^^) 頑張った方。トラックはマスターズにカテゴリのない10000m(そもそも県選手権に50歳が走ることは想定されていない)以外、県新。来年には全て置き換えられている可能性も大&昨年、頑張り過ぎて今年はパタリと凪ぐかもだが(^^;)

生活面では耳の方も術後2年、こちらも記録しきれないくらい色々とあり、そんなこんな、昨年は公私に色んな人との関係の中でいい付き合い、経験をさせてもらいました。今年もよろしくお願いします。

初詣帰りの車中、地元FM局チャンネルから流れた曲 (Just like) Starting Over 先月も命日にイマジンが流れるなどしてたので、ちょうどCDを取り出して聴いていたところ。イントロからドレミファドン!(古い?)的に分かると嬉しいね。 夜はまたカーペンターズの特集をやっていて、と、新年にきくラジオからの偶然の曲が学生の頃によく聴いた古典、とHappyな気持ちにさせられた年始となった。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。