年末年始はないけど御挨拶

駅伝観戦もなく

クリスマス3連休も年末年始もなく元旦以外は仕事に精進。

珍しくはないことであるけれど、振り替えも代休もない、ひたすらタイムリミットに追われている身なので、12月はほぼ全日、仕事(時間外)していたような、休息のない季節。

昨年から「来年は大変そう」と覚悟はしていたものの、予想を超えて例年の十数倍のヴォリューム。自分が一番、長い経験ゆえ、質量を背負うのは避けられない立場でもあるのだけれど。

そんな日々ゆえ、書きたいことは山ほどあるのだけれど、例年のように一年振り返りもできず。昨年はご覧の通り、ブログの更新も、走った距離にレース出場回数も、読んだ本もリーマンショック並に例のない一年となりました。ちょうど年の暮れは、中山や松井の引退表明もあって、それが自分にも痛切に身にしみて感慨を覚える内容でした。

すっかり更新の遠のいているブログながら、それでも訪問していただける方、ありがとうございます。ブログを通じて面白い偶然、奇遇な縁の数々・・・があって楽しい出会いもありました。

今年はまた、ブログを更新できて、走ることもできて、の余裕ある生活を取り戻したいです。桜の咲く頃には・・・


 

  Related Entries


 comment
  1. いくお より:

    今年もどうぞよろしくお願いいたします。
    仕事大変そうですが、ブログ投稿を楽しみに待っています。
    私は、元気に仕事してます。日系企業(と言っても外資の血も流れているのだけど)なので、前職と比べて落ち着いて仕事できています。

  2. より:

    遅れましたが、こちらこそ、今年もよろしくです。
    あまり楽しみになるほどの内容も回数もなくなっていますが、落ち着いたらまた以前のようにこまめに更新したいです(^^)

  3. さとし より:

    はじめまして。
    ランニング好きの中年です。以前、趣味でレースに出ていたのですが、あと数年で五十歳になる今、お腹周りが気になり始めまして、また走ってみようかなという気になりました。
    そんな時、昔自分が走ったレースを検索していましたら、『第43回玉造毎日マラソン』が!
    手元に記録の載った新聞がありませんので、記憶の範囲になってしまいますが、46~48位だったと思います。25キロくらいから意識が遠のき、40キロで脚が痙攣してギリギリセーフでゴール。ブービー付近でゴールだったと・・・
    当時はそこそこ走り込んでいて、酷暑レースとは言ってもまさか3時間オーバーなんてありえないとなめていました(^^;
    その当時、私も山口県内に在住しておりまして、岩国陸協に所属していました。
    第43回大会ではおそらくどこかで並走していたのだろうなと懐かしく思い起こしています。
    以前の気持ちが少し戻ってきた感じがします。
    羊さんのブログにお会い出来て、良かったです。これからもよろしくお願いします。

  4. より:

    さとし様
    はじめまして。
    返信が大変、遅くなり、失礼しましたが、コメントありがとうございました!
    第43回の玉造マラソン、私にとっても生涯、忘れられないレースで、このブログの中でも何度か触れています。
    http://silentsheep.net/kansouki/2000ry/2000tamatukuri.html
    玉造マラソンの思い出
    http://silentsheep.net/run-etc/memories/50th-tamatukuri.html
    スタート時は曇りの平凡な天気、
    関門制限の厳しいというような大会でもないのに、
    3時間後の完走者が4割を切るとは誰も想像しなかったでしょう。
    当時の私は陸連登録後、初レースで、まだマラソン経験は多いとはいえなかったので、比較のしようもなかったのですが、
    その後、歳月が一回りして私もマラソンを重ねた今、
    あれほどのきついというか、精神的に叩きのめされたのは後にも先にもあのレースが最大と今では、確信していえます。
    (3年前、同時期の台湾を走りましたが、それに匹敵するようなものでした)
    コメントをいただいて、記録もなつかしく見返しました。
    さとし様の記録も分かります(ラップも)
    もし、記録をお持ちでないようでしたら、アドレスをいただいているメールの方にお送りします。
    一緒にレースを走った方から、こうして12年半後に
    コメントをいただけるのもホームページ(ブログ)あっての縁と大変、こちらも嬉しい気持ちにしていただけました。
    また機会がありましたらどこかでお会いできるでしょうか。
    こちらこそ、今後もよろしくお願いします。

  5. さとし より:

    こんにちは。
    こうして再会させて頂いたことに感謝しています。思わず目頭があつくなりました。
    43回大会を走ったあと、マラソンが怖くなった覚えがありますが、今ではあのレースを走り抜けたことが力にもなっています。
    大変お手数をお掛け致します。お時間のある時で結構ですので、当時の私の記録を送っていただけないでしょうか?
    またどこかのレースでご一緒させていただけるように、数年ぶりに練習を再開してみたいと思います。

  6. より:

    こんばんは。
    メールで送付しています。
    どこかで並走していた・・・
    まさしく20km前後ではご一緒だったようです。
    パンフレットを見てみると、優勝者のタイムが25年前に遡るほどの低調さ、
    当時の前年7年間の各年に比べて10数分落ちるほどのものだったことも分かります。
    あとになって記録を振り返って楽しめるのもマラソンの魅力ですね。

  7. さとし より:

    こんにちは。
    先日は43回玉造の記録をお送り頂きまして、ありがとうございました!
    昨日、ランニングシューズを買って来ました。今日はこれから夜勤ですので、明日から走り始めます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。