金本引退 「ケガは人にいうからケガで、ケガといわなければケガではない」

鉄人 悟った限界

トヨサんが日経コラム「チェンジアップ」で云っていたように、小久保が先鞭をつけたことで、石井、金本とシーズン途中での引退表明が目立っている。

3人とも素晴らしい野球人ながら、やはり世界記録等、印象の最も強いのが金本。

野球選手なので僕が余計に学年で見るのだけれど、2学年下。3年前にエントリした広島の緒方と同級生。阪神色が強いけれど、やはり、広島で育ったからこその泥臭さ。

常に全力で、試合が終わればユニフォームが真っ黒に。そんな選手でありたいと最後の最後まで思っていました。

金本が大卒後に入団した時は、高卒で先に入っていた江藤、前田、緒方、それに大卒での野村(=僕と同学年)らがちょうど活躍し始めていた時で、もうドラフト4位の金本の入り込む余地はなかったそう。

それから人一倍の練習量、努力でレギュラーをつかみ取り、築いた記録の数々・・・。

昨日のTVニュース、本人のインタビューもさることながら、冒頭のセリフで金本を称えた達川氏の労いにうならされた。片手で打ったヒットのみならず、本当にどれだけ多くのケガがあったろうね。

野球とランニング(陸上)とではケガの競技への影響度がだいぶ違うので同列には扱えない、陸上の方がより直接的深刻にパフォーマンスを下げる、ムリすると余計に引退を早めてしまうのでどうしてもケガにはナイーブにならざるを得ないけれど、それでも、その気構えとあのガッツは見習いたい。

入団当時は体も細くて、江藤や緒方、前田智ら当時の若手と比べても物足りず、とても1軍には上がれないだろうと思っていた。それが球史に名を残す選手になるまでには、壮絶な努力があった。本当にご苦労さんでした


【プロ野球】「本当にご苦労さん」 金本引退で元広島監督の達川氏  - MSN産経ニュース


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。