もう、ショーがない夏

AERAみたいな力の抜けるタイトル──

急に暑くなってくると、盆地山口は日中の熱波もさることながら夜になっても熱が逃げずにこもるので、昨日土曜は、そのこもった湿気で朝から強烈なゲリラ豪雨。先週のエントリの続きでいうと、昔は夕立といったが今は・・・

安普請のわがアパートも夜12時過ぎてなお32~33度のサウナ状態な熱帯夜。寝苦しいどころでないバテバテな状態。2年前、酷暑、壊れゆく夏 のエントリで冷蔵庫の壊れかけたことを書いた、あれがまた・・・。2年前に比べて1ヶ月も早く・・・。おまけに2日続けて・・・。恐々な夏。

暑さにうなだれている中年とは対照的なのが若い人らの元気。昨日も若者に会っていたのだけれど、無限の可能性と未来がまぶしい。高校野球山口大会の決勝も。白球を追って躍動する姿を見ると夏という季節は本当に若い人のためだけにあるような季節に思えてくる。

たくさん遊んで、汗も涙も流して、青春を満喫してほしいね。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。