昭和の日 小倉、草ジョグ、新型うつ

用あって小倉へ。今日は新幹線だったのであっという間の到着。

カレンダー通りの自分と対照的に、休暇中も仕事の妻の実家へはまるで帰っていないのに、新幹線だとよくこうして、休日(や平日の仕事後にさえ)、何事もなかったかのように福岡へ治療に出向いて往復できる。

夕方、草JOG。平日なら勤務後のランナー、部員もそこそこにいるけれど、家族連れ(ほとんど幼児、小さな子ども)ばかりの連休中日に一人グルグルするのも少々、奇異な姿。しかし、今の自分の足にとって背に腹は代えられず。よく考えると山口一、地価の高いところを今月は15回も使わせていただいた。いい療養になったかな。

夜、夕食中のTVはNHKスペシャルの新型うつ。甘えや怠けでない、新しい症例への対応が必要、ということなのだが、どこからどう見ても甘えで怠け。番組の作りがスペシャルというには程遠くお粗末だったせいもあろうけれど。

スタジオ内の意見交換の場で企業経営者が、日本が弱く、虚弱になっている。強くならないと。他の者にも負担がかかってしまう、といわれた。僕なんかも全くその通りだと思うのだけれど、尾木ママに「それじゃダメなんです」と諭された、経営者が何だか悪者にされた、あれは非常に気の毒だったな。

職場のコミュニケーションをよくする必要がある、異論ない事実も、僕などのようにきこえない者はとりたくてもとれない、本当に苦しくつらいことばかりの日々で心が蝕まれて荒んでしまうのを何とかこらえている。一方でそれがうつ? (なら自分は百万回なってるよ)というような、最近はとてもやさしく親切な世の中というのもどうなんだろう。昭和は遠くなりにけり── かな。

近所の光景
アパート近くの元自衛隊所有地。売却された後は何になるのか? 芝の公園にでも整備してもらえれば大歓迎なのだが。

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。