鬼門の三連休

暦の上では3連休。

がしかし、仕事が片付く目処は遠く。おそらく年度末まで。せっせと。

例年、1月と2月の3連休(今年の2月は土曜にかぶってしまったが)はスキーツアー、合宿のピークだろうが、この3日間も特に日曜が快晴の絶好のコンディションでさぞや気分爽快にゲレンデを滑降できたのでは。風も弱く、走る方のレースも好記録が出たろうね。

僕はというと、今はもっぱら走る方の(決して爽快とはいいにくい)練習を、さてどう合間を縫ってこなそうかと苦心。昨年はどうしていたかなと見てみると「3連休、全休とする」のメモあり。そうだったかな(笑) 忘れていた。

昨年は、年末(一昨年末)のタイム・トライアルでさえない走りを見せてそのまま正月休暇が全休。毎年12~1月に起きるケガが思わしくなく、この3連休も静養に努めていた模様。ブログは何を書いていたかなとみると、こちらも記事無く悶々としていた様子。寒さにあまり強くないせいか、どうしてもこの時期にケガが頻発し、あるいは体調を崩しがち。

ちなみに3年前のこの日はドツボにはまって動けなくなっていた原因を後厄に求めて天満宮へ厄払いに出かけていた。翌年、厄は開けたはずの一昨年は原因がなくとも同様にまた厄払いへと向かっていた。かようにここ5年、この連休をはじめとして年末~1月いっぱいの期間にまともだった試しがない。

──に比べると、今年は一応は走れている。たいした練習ではないし、相変わらずケガの一歩手前を歩いている状況ではあるけれど。

まあでも、昨年の回顧で出来過ぎなくらいの最高の一年だった、と書いたように、必ずしもスタート、出だしがよくなかったからといって、一年がそれで規定されてしまうものでもない。最初から結果が出なくてもそれも良し。人よりスタートが少し遅れてもウォーミングアップに時間をかけていると思えば。

小山の中の町、山口
小山の中の町、山口

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。