ぼくと一緒に歳をとる服。

インターネットは、物足りない。

9月の彼岸の日に掲載されたJ.PRESS の広告傑作選。期待通りその後、10月13日にvol.2、今日11月3日文化の日にvol.3と、週末や祝日に不定期連載が続いている。(今、3続きで気付いたが20日おきなのかな?)

ただ掲載はどうも日経のみのようで、ブログ上でもほとんど話題になっていない。日経読者層のブロガー率ゆえか、日経購読者にとってはブログに書くような内容でないせいか。

前回、村上春樹と安西水丸氏のことについて触れたら、今回はまさにその「夜のくもざる」が登場。前回は二人のことをあえて前面に出さない、誇示し無さがよかったのに、今回はちょっと露骨・・・な気もしたけれど、確かに今回も紙面ではタイトルも分からない、著者名もぼやけて見えなくさせている点に、さりげない意図がうかがえる。

紙面は秋色の構図にツィードのジャケット、と、決まっているのだけれど、いかんせん、最近は夏日の続いている11月。僕も今日は半袖シャツが気持ちよくてそのまま出かけたくらいだ。

ぼくと一緒に歳をとる服。


例えば、自分の顔のことを想像してみようか。

若いうちは、しわもない。生命力が無邪気に輝いている。

これが時の流れにあわせて、

ちょっとずつ亀の歩みではあるけれど、変化してくる。

陰影が出てきて、生き方を正直に映し出すようになってくる。

「男は自分の顔に責任を持て」などと言われるのも、このためだ。

顔を捨てたり取り替えたりすることはできない。

一緒に年齢を重ねていって、その時期なりのいい表情を

しているようにと心がけているしかない。

服だって、おなじではないだろうか。手に入れてから年月が経ったから、

流行に遅れているから、といって別れなければならない服でなく、

一緒に歳をとってくれる服を選びたい。

11月3日付け日経全面広告J.PRESS広告傑作選 vol.3
11月3日付け日経全面広告J.PRESS広告傑作選 vol.3

 

  Related Entries


 comment
  1. ぱぱまこ より:

    はじめまして。
    静岡のぱぱまこと申します。
    中途失聴のろう者で5年前からマラソンを始めました。
    数年前に金子さんのHPを見つけて何度かコメントを書き入れていたのですが、なぜかいつもエラーになって跳ねられてしまっていました。(今回はどうか?)
    私はタイム的には金子さんの足下にもおよびませんが、自己記録更新に向けて日々練習しています。
    先週は大阪、今後は神戸、横浜などに参加します。
    いつか金子さんと大会等でお会いできたら嬉しく思います。よろしくお願い致します。

  2. より:

    ぱぱまこさん、コメントありがとうございます。
    このサイトのコメントは頻繁にシステムエラーを起こしており、せっかくコメントいただけた方々にずっと迷惑をかけ続けています。
    きっと多くの方の厚意を無にしていることと思います。
    ぱぱまこさんにも、これまでのご無礼、お詫びします。
    5年前から始めてマラソンを走られているとのこと、イイですね!
    ぼくは最近は市内の大会でほとんど用足りていて、県外にまで出かけての出場は少なくなっていますが、是非、ぱぱまこさんにはお会いしたいですね。
    大阪、神戸、京都・・・全然知らないまま(鈍感)だったので、来年は応募してみようと思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。