運動会観戦

シーズン

姪の運動会を観戦。最後の運動会というのに姉も妻も勉強や仕事や、と女の忙しい家系のため叔父が代役で応援に。

全種目、観戦させてもらったが、自分がトシをとったからか男女学年問わず、どれも中学生らの奮戦ぶりを自然に応援したくなる、飽きさせることのない面白い内容だった。

僕の母校でもあり実家に近いのでいつも部活動の姿は見ている、特に野球部選手の体格の立派さに感心させられているが、種目を見ていてもやはり彼らの活躍が目を引く。部活対抗リレーは毎年、野球部の圧勝、というのはどこも同じ事情と思うが、本当に中高段階では運動能力の最もすぐれた者の集まる部であり、それが必要条件として求められる競技。

陸上では Run,Throw,Jump(走る、投げる、跳ぶ)という、それに加えて捕る、打つ、(ゲームの状況により)判断する、を一球ごとに異なるヴァリエーションで対応する高い総合能力を若い身体で覚えてゆく。

僕も一応、OBであるが、自分が中学の時に全く活躍することのなかったことを、彼らの堂々たる体躯を見てつくづく納得する。僕といえば体格も貧弱で、年度末の一番不利な早生まれというおまけまで付いて。それでも「好き」を貫けたのはいい想い出だ。今はよくいる爺イのように、中学生らの練習や試合をバックネット裏から見ているだけでも面白い。

終了後、姪の帰宅を待ったが遅いので先に引き上げると、何のことはない、学校から家まで数百メートル、男女問わず生徒らが道の途中に座り込んでいる、たむろしている。疲れも知らぬ若い子らは遊び足りないよう。真っ直ぐ家に帰るのも面白くない気持ち、分かるね。暑い中の丸一日、疲れたが、僕も楽しませてもらった。

(カメラを置いて帰ったのでこれはイメージ画像)

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。