久しぶりの岩国

数年ぶり

今日は最初の勤務地として3年を過ごした懐かしい地、岩国へ久しぶりに。

県内なら珍しくないようでいて、前、寄ったのがいつだったろう? と思い出せないくらいに久しぶり。西の下関にはなぜか度々、行っているのに、岩国は数年ぶりくらいかも。町の姿もかなり変わったなぁ、としみじみ。20年も経てばやはり。

昼休みの短い時間は当時の上司にお会いして昼食を御馳走になる。独身の当時は毎日、職場界隈や駅近辺で食べ歩いていたのだけれど、「車でないと難しい、あそこが懐かしいな」と心の中で思っていたらどんぴしゃりでそこに連れて行かれた。さすが・・・。そこも最初に上司が連れて行ってくれたところで、こんな所に・・・というような意外な場所。それでいて店内は賑やかで根強い人気に支えられているよう。

懐かしい話の弾んだ中で、当時の上の方々のほとんどが退職されたか退職間際ということにはあらためてそうだよなあ、と思う。かつ、早い時期に鬼籍に入られた方の非常に多いのも当時の職場の特徴。残る方も人それぞれに病状などあったりという。

若い人は皆、今はこちら山口の本庁にいるわけだけれど、確かに僕も同じ建物にいるのに庁内では会わないけれど病院ではよく会う、というのも多かったりする。若いといっても僕らが一番下の、皆、40代中盤以上のどっぷり中年なのでこれも会えば持病の話になったりなど・・・。

そんなわけで何より元気でいることが一番、ということを再確認。僕自身がまさに、大病を患ったが一命は取り留めた、ことになる、皆、身体には気を付けていたいもの。

ちょっとの時間ではあったけれど、当時の寮、通勤経路、職場界隈・・・の懐かしい土地の空気を味わえて良かった。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。