休日雑感

ゆっくり眠れて身体を休めることができた休日。

暑かったので洗車は見送り。旅行記用にリフトのアイコンくらいは自分で描こうとしていた最中、プレリュードのアイコンを発見。 いいね、コレ。

福田首相辞任、あきれさせると同時に、辞めどきとしては、代表選のかすんだ民主党が躍起になるほどいい話題になった絶妙のタイミング。内閣改造、総裁選・・・何かあれば、一時的に注目と支持率は上がる。

次の総裁、首相は? 日経の経済教室で高橋教授が寄稿しているように、経済政策論争を議論する機会としては格好の場。オールド・ケインジアンか、財政重視主義者か、上げ潮派か? 個人的には消費税率アップを忌避しない与謝野氏の姿勢は好きだ。「(いつかは上がるが)私の在任中に議論はしない」というほど無責任なことはない。政治家は、一国の首相は、国民に媚びずおもねず、目先の人気取りでない長期的なビジョンを示してほしい。

でも、増税を明言すれば景気が上向かないだろうことも確か。結局、ワイドショー政治、劇場型政治。見た目(ルックス)と人気ときこえのいいセリフ。ならば、オジサン臭の残る他候補に比べて勝る小池氏が適任か。それにしても、派閥のボスしか出なかった(出られなかった)一昔前とは様変わり。これは石原氏がインタビュアーを笑っていたように、派閥がどうこうというのは古い感覚。

この週末は好天にも恵まれ、運動会と稲刈りの第一次ピークだったか? 田んぼの方は黄金色に輝いていた半分が刈り取られてしまい、少し、うら寂しい光景になってしまった。でも昔、子どもの頃は、稲刈り後の田んぼが面白い遊び場の一つだった。夏の間にさらわれていた野球ボールの数々が変色して出てくる季節。もみ殻の上でダイブやバック転の練習。稲の切り株があってでこぼこで、真っ直ぐ走れないからこそのイレギュラーな面白さがあった。今は田んぼの数は減ってなくても、子どもが少なくなったので遊んでいる姿をあまり見なくなった。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。