夏の旅行、その前に

昨夜、放映されたTV東京系の「地球街道」が「魅惑のチェコ~迷宮のプラハから国境の街へ」。TV欄を見ない僕が偶然、知って見ることができたのも幸運な縁だった。

ちょうど一年前の今、出かけていたチェコ、プラハからチェスキー・クルムロフへ。出かける前に映画やドラマで少し見た街並みにもため息がもれたけれど、一年経ってもそれは同じ。あらためて素敵な街だ。加えて東儀秀樹氏(=知らないけど)が案内人、中村雅俊氏がナレーション(=きこえないけど)と、紀行番組にありがちな若い女性レポーターのはしゃぐ軽薄さのないところが渋くて良かった。

でも、僕が懸命に勉強してせっせと旅行記に書き綴ったことが、TVのナレーション(テロップ)にそのまま出てくるあたり、TV東京が個人ブログから盗用か! という気分にもさせられた。

スヴォルノスティ広場

それにしてもこの一年だけで、「世界不思議発見!」、「NHK世界遺産」、「世界ウルルン滞在記」・・・他、6回くらいはTV番組でチェコが立て続けに紹介されている。日本の旅行会社も中欧ツアーに力を入れているという。チェコという国が(特に近年、街の美しく修復されたチェスキー・クルムロフがそうであるように)観光に力を入れて売り出している、そして何より、かつて共産主義圏で日本にはなじみの薄かった国であるけれど、実は非常に魅力溢れる街であることに気付かれたせいだろう。

本当にチェコはお薦め。ちなみに、番組は1回で終わらず、来週は「チェスキー・クルムロフ」編へと続くよう。夢の中にいるような気分にさせてくれる小さな町。

「芸術の都」「百塔の街」「建築博物館」「迷宮都市」。 プラハの街は様々な言葉で讃えられます。


プラハの歴史は支配と抑圧の歴史と言ってもいいかもしれません。そしてその反骨神から様々な芸術が生まれました。作曲家スメタナ、文豪カフカ、画家ミュシャなど。


プラハの街を走ると、様々な様式の建物が建ち並んでいるのに気付きます。この街は別名「建築博物館」と呼ばれています。

地球街道 : テレビ東京

世界で最も美しい町/世界遺産とビールの国、チェコ


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。