続・最近の仕事事情

昨日の仕事の続き──に取りかかるや、また別の案件の督促が来る。こっちは職場の駅伝でチーム優勝したあの課。こちらもチームごと僕をつぶしに来たか?

さて、昨日のは材料を代えて作り替えてもかんばしくない結果。「どこがおかしいんだろう?」今度は別の前任に相談して違う方法を試みる。なるほど、こんなアプローチもあるのか、とこれまた勉強。とすると材料でなくやはり組み立て方がまずかった? あれほど苦労したのにという思いと、材料も他も全てが完全ではないことをまた知らされる始末。

結局、出来上がりはまた定時後に。これしきのことになんでこんなにかかるんだと思われるだろうし、僕も思うのだが、今の(これまでの)仕組みがそうだからとしか言いようがない。

所詮は必要とされるごく一部のパーツに過ぎないながら、部品は部品なりの苦労。まあこれで依頼主も心おきなく土日に仕事ができるだろう。

ちょうど「日経コンピュータ」5月1日号の特集が「だから部下が「うつ」になる」。

だから部下が「うつ」になる:ITpro


特にSE業界では完全を求められるために際限のないストレスとの闘いだとか。同情しきり。95点でも認められない。いくらやっても不安は消えない。

今週もぐったり。週末くらいは第三の、でなく真性ビールで我が身をねぎらう。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。