充電、旅の途中

一週間の疲れがたまっていたので午前中、爆睡しただけでは足りず、午後にはまた夕方までのシエスタ。

夜は、プラハを特集したNHK「世界遺産の旅」を鑑賞。

中世の宝石として600年前から輝き始めたプラハ。

大国に囲まれて激動の荒波にもまれながらも、住民の強い意志により美しい街並みを守り続けてきた歴史。

チェコはここ最近、NHKや民放の紀行番組で繰り返し取り上げられている。GWは無論、そろそろまた夏の旅行を考える時期、旅先としても本当におすすめできる地。

帰る場所のあるのが旅、というように、帰ってから何度も振り返り思い出すことで、ずっと旅は続くもの。こうしてテレビで繰り返されるおかげで、記憶や想い出も鮮明によみがえる。まだ完結していない旅行記も、時間はかかっても仕上げてゆこう。

思い出すことで、気持ちはまだずっと旅の途中だ。

他国の歴史を学び、文化に触れ、旅はやはり人生の糧として強いものを心に残してくれる。

シエスタと、美しい映像とで、充電できた一日。

NHK 世界遺産の旅 【プラハ歴史地区】


奇跡の美 街に宿る不屈の心
奇跡の美 街に宿る不屈の心


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。