2007年目標

40歳となる一年

毎年、挨拶が遅れますが、新年おめでとうございます。
何かの縁あってこのサイトを読んでいただけている方、今年もよろしくお願いします。

昨年2006年の目標ページは結構、意気込んで書いていることを振り返させられる。今読んでも恥ずかしいけれど、公言するのは自分のためにとてもいいプレッシャーになる。

今年2007年は、具体的な目標はここでは書き連ねないけれど、間違いなく一番の関心は、あと2ヶ月後、3月末に40歳になること。10年前、30歳を迎える時に思うところがあったように、40歳を前にしての意識は大きい。40歳になるとレースで年代別部門が一つ上がる、介護保険料も天引きされる・・・が、人生80年というように、40歳は折返し地点。まだまだ、ここからが後半。

波を見極めて

30代に突入する時は「迎え撃ってやろう」という勢いがあったのだけれど、今はどちらかというと慎重な心持ちの方が大きい。年をとったということか。40歳だから、とここで突然、頑張り過ぎるのは危険だろうと思っている。何しろ前厄年である。周囲を見ても、苦しんだ人、苦しんでいる人が多い。10年前の30歳も、自分の人生でも最悪に近い一年だった。

この年末年始もどうも奮わない。これは2年前のデフリンピックの時と同じではないかと思うくらいに、早速、体調が急降下している。昨年、福岡国際で悲願を果たせたように、いいことがあった分、気を付けないと足元をすくわれるだろうと思う。世の中、悪いことばかりでもないが、いいこともそうは続かない。「二つよいこと、そうないものよ」。登り詰めた感がある分、しばらくは「落ちてゆく」ことも覚悟している。このあたりはそれなりに自分の経験からも歴史からも学ばないといけない。長い人生、必ず波があるのだから、年をとってゆく分、経験を重ねる分、うまく見極めて対処できるようになりたい。

といって、それを口実に消極的にならないこと。40歳、いい節目の年なのであるから、常に意識して新しいことにも積極的に取り組みたい。変化におびえず逃げず、いい一年にしたい。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。