ブログ15年目へ

正確にはHPが約4年、ブログ移行して11年

放っておいても年数は経過するものだが、それでもよく続いているものだ。

相変わらずの寄せ鍋サイト、雑多嗜好の個人ブログで、最近はラン関係と人工内耳の話題が多い。ホームページの頃からテーマは絞った方がいい、訪問者は情報特化サイトを求めているものだということはきいていたし、承知してもいたが、続けてゆくうち、案外、そうでもなかろうという考えが強くなるようになった。

僕自身、他人のブログを好んで読み続けているが、最初は何かの情報検索で辿り着いたブログを、読んでみるとこの人、面白いこと書くな、と最初の目的より書き手の興味に引かれていつの間にか愛読しているパターンが少なくない。一応のテーマは定めつつも、そこから逸れた書き手の趣味や嗜好が楽しい。このブログも、時々、反応を伝えてくれるのだが、ウェイト的には大きくない本や映画の紹介に興味を引かれて読んだり観たり、というケースが意外に多い。

マラソンで訪ねてくれた人が、社会の中ではとてもマイナーな聴覚障害や人工内耳について知ってもらえる機会になることがあれば、最初からそれを求めてきたケースよりも有意義といえる時さえある。テーマを絞るというが、人間、ひとつのことに特化して秀でるというのはいうほど簡単でないもの。でも、2つ3つの組み合わせが効いて面白い、別の何かを生むことは多い。柔道でいう、技ありを2つ、合わせて一本、にも妙はある、そんな話を先日の総会講演でも例を挙げて話すと面白くきいてもらえた。

テーマを限定すると制約に縛られる、ひとつのことをずっと、というモチベーション維持の難しさもある。療養中にラン関係の記事は書けないように、更新が続かず止まってしまうよりも、対象はゆるくとも、細く長く続けてゆければと思う。昨年末の入院中に「こんな機会でも無ければ読めないし書けない」と本棚で記したとおり、退院してからは果たして一冊も掲載(収録)できていない(^^;)

20160420
季節は本棚より藤棚

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。