レース会場でよく遭遇すること

レース会場でよくあったこと

日曜のレースでスタート前に話しかけられたことについて──。

こういうことは一度や二度でなく(十回や二十回でもなく)、また、色んなところでも度々、述べてきていることでもあるのだけれど、こういう時、せっかくの厚意に添えずに応えられないのは相手にも申し訳ないし、何より僕自身が非常に残念に感じる。

普通の人には、レースなり人の集まるところ、どこかに出かければその都度、何人でも新しい出会いがあり、世界が広がってゆく、それは何でもないことだろうのにね。僕には、せっかくのチャンスもそこで行き止まり。

透明なボール

よくコミュニケーションを言葉のキャッチボールに例えるけれど、相手が僕に投げ掛けてくれたことが分かっても、肝心のボールが僕には見えない。あたかも透明なボールであるかのように、どこに放られて、どこで受けとめればいいのか。キャッチできないと相手にも投げ返せない。

僕の場合、新聞や雑誌に掲載されたことが何度かあった、ということで、良くも悪くも変な意味で知られている。県内のランナーには僕のきこえないことを知っている人が少なくないだろうと思う。

理解してもらえている、という意味では嬉しいことでも、逆にそれがあだとなって「きこえないなら話しかけても仕方ない」と回避されていることがあるかもしれない。実際、職場や日常生活では、僕の耳のきこえないことが分かっていると周囲も僕に話しかけようがない。僕を通りこして、僕の頭上で会話が行き来する。

だから今回のレース会場で話しかけられたことは、ちょっと久しぶりで驚いた。しかも、僕のことを知らないで、でなく、僕がきこえないのだろうことを承知の上で確信的に話しかけてこられた様子だったから感激させられた。

さて、ここは笑い飛ばしてほしいのだが、そんなことを考えさせられて夜、眠れなかった。これまでにもあったことを思い出し、この先もずっとあるだろうことを想像し、そして、何より自分が気付かないま、数え切れないくらいにそうした機会を逸してきただろうことを思うと──。

口からこぼれ出てくる言葉、僕には砂金のように手を差し出して受けとめたい、あのとき話しかけられた言葉、大事に受けとめたかったのに。


-------

今日の朝日新聞の「銀の街から」。沢木耕太郎氏が月イチで連載している、ちょっとマイナーな映画のレビュー。今日、取り上げられた内容は「音のない世界」にも通じること。氏の評が鋭くてさすがだなと感心。ちょっとだけ救われた気がした。



 

  Related Entries


 comment
  1. Continue より:

    私もスタート前に話し掛けた一人でしょうか?
    私がいくら書き綴ってもコミュニケーションの方法のひとつを失った羊さんの苦しみを理解したとはいえないので,この場でのコメントしません。
    しかしながら,昨年の福岡国際マラソンを2時間29分で走られた羊さんの走りは2歳年下の私にとって大きな目標であり,自分への可能性を示してくれました。大会に出られれば羊さんの仕上がり具合は常に気になるものです。
    (目標の域に近づくどころか遠のいている昨今の私)
    また,同列にしては失礼かもしれませんが,同じランナーとして同じ会場で競いあえることが楽しみではないでしょうか。
    羊さんほど表現豊かに書きつくすことできませんが,投稿します。
    追伸
    綺麗な奥様をいつも同行して会場入りされるのは,羊さんの専売特許ですね。
    私のかみさんは,私が走る姿も未だ見たことがないはず。
    「亭主元気で留守がいい。」みたいです。

  2. 匿名 より:

    僕は2年前(?)に初めて羊さんの走りを見て、ファンになった高校生です。羊さんのことをもっと知りたいと思ってここへ来て、羊さんが障害を持っていることを知りました。それからは、たびたび来させてもらっています。
    新聞でもたびたび拝見しました。新聞に載っている羊さんは、いつでも「障害をもっている」という言葉がついていました。「障害を持ているのに、すごい」と。でも、僕はランナーとして、羊さんの大ファンでした。
    僕自身も何度か声をかけようとして、そして声をかけられなかった一人です。そして、その理由に「声をかけて、きいてもらえるだろうか」という不安要素が無かったといえば嘘になります。
    羊さんがおっしゃられているように、僕だけでなく、きっと多くの方が、羊さんに声を掛けようとした経験があると思います。そして、その機会を奪われた羊さんの心中は上の方同様、僕が何を言っても、無礼に当たると思います。
    ただ、僕のように、声を掛けられずじまいになってしまった人でも、ずーっと、羊さんのファンで、陰ながら応援し続けている人がいる。そして、ただ羊さんの素晴らしい走りを見るだけで、感動をもらっている人が沢山いるということを知っていて欲しいのです。
    僕は羊さんの頑張る姿を応援していきたいと思っています。きっと、多くの方が、僕のように声をかけることは出来なくとも、羊さんを応援し続けていると思います。これからも頑張ってください。
    もし、このような文で羊さんを不愉快な気分にさせてしまったとしたら、大変申し訳なく思います。お許しください。

  3. より:

    Continueさん、ありがとう!
    Continueさんの優しさはよく知っているつもりですが、嬉しいお気遣いにまた男泣きさせられました。
    妻もレース会場等で何人かを知っていきますが、その中でもContinueさんは「すごくいい! スキ」と激賞しています。
    そうですね。Continueさんの可能性は僕も信じているので、また競っていきたいですね!

  4. より:

    高校生さん(名前がなかったので、そう呼ばせていただきます)、嬉しいコメントをありがとう。
    まず、このブログが高校生に読まれているということにとても驚きました。
    その上、ファンだといっていただけるなんて、大いにこそばゆい感じですが、感激の言葉です。
    これまでにも高校生さんとは何度かお会いしているのでしょうね。会えばもしかすると僕も覚えているかもしれません。
    いわれるとおり、声をかけられないでいる方がきっと他にもいるのでしょうね。でも声をかけてもらえれば、僕も嬉しいので、たとえ通じなくても、僕の方は忘れることはありません(今回の方もそうですが)。
    それ以上に ---
    ネット上に楽しく愉快なページが無限にある中で、高校生さんが、(決して楽しいとは思えない)このページを読まれることは本当にすごいと感心しています。
    そして、僕に気持ちのこもった言葉をかけられるという強い勇気や心のあたたかさに。
    我が身のその頃を思い出しても、また、成長した今であっても、高校生さんのような気遣いができることは容易ではないことです。
    本当に嬉しく感激させられました。そして高校生さんの心の寛く感性の鋭さに感心させられました。
    今後も応援してもらえるとのこと、大変、嬉しい言葉です。期待を裏切らぬよう、今後もがんばりたいと思います!
    もしかして受験の年でしょうか?
    身体に気を付けて勉学に遊びに励んでください。
    僕も高校生さんの未来を応援し続けようと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。