忘年会で疎外感

中大教授刺殺事件での容疑者の供述。

「疎外感」のサイト内検索結果
「疎外感」のサイト内検索結果

きこえることが前提の世の中で、きこえない身で味わう「疎外感」、特に人が集まる場、周囲が盛り上がる場でのそれについては度々、触れてきたので、ニュースを目にした時もドキリというか、笑えない衝撃を感じた。

ついこの前も完走記 洞爺湖マラソン - 9  の中で触れたばかり。このブログでも何度、述べてきたろう。こういう時、便利なサイト内検索で調べてみたら10件だった。意外に少ない、もっと書いてきているかと思っていた。

この事件にしろ、昨日で1年だった秋葉原無差別殺傷事件にしろ気持ちは分かる。

また、今日のニュース──「うつ病で労災、過去最多」。

忘年会での疎外感は言うに及ばず、疎外感というなら毎日のこと。

僕自身、うつ病も労災も殺人も、多分、一歩、手前で踏みとどまっているだけ。ただ、「時代」が変わってきているのだなあ、ということはとても強く感じる。



 

  Related Entries


 comment
  1. あっき~☆ より:

    疎外感か・・・
    確かに仕事上でも疎外感を感じたり、孤独感にもにたような経験はないわけでもない
    人間誰しも経験ある話じゃないだろうか
    追い詰められて切羽詰ってやった犯行
    結局一人が悩んで一人で判断して、そこに家族や友人や恋人も入る余地はなかったんだろう
    日頃から自分なりのself-controlやリミッターの上限設定をすべきだなぁ
    人間の性格でかなり違うとは思うけど
    その場に立ってみないとわからないネ・・・
    とにかく人間社会(特に現代社会)は色んな感情が入り乱れているから怖い
    色んな人間がいるからな
     
     

  2. より:

    まあ・・・
    誰にでもあるような程度の疎外感で犯行に至ってほしくないのは確かだね。
    世の中にはもっとどうすることもできない人間はたくさんいるのだから。
    若くて世界が狭すぎたということかなあ~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。