任天堂、ニュース、ラン

任天堂のニュース

──というと、新商品とか決算とか投資家的な視点ものが多いのだが、土曜に見たのは任天堂(と翌日にはつんく♂)の対応が話題を呼んだというネットニュース。

全盲の少年が「リズム天国」をクリアして任天堂にお手紙→数日後に返事を返す神対応に「感動した」の声集まる

僕自身は対応が、というより、お子さん(ご両親)がそういう内容の手紙を送ろうとした、送ったという時点で充分に任天堂の素晴らしさが証明されている、称賛モノと思えて感動した。

翻って自分── はより直接に障害者(全般)に関わる仕事なのだが、時々、個別のお礼はあっても賞賛ということはまずない。苦情、指摘、要望、叱責・・・の数々。ちょうど週末金曜も立て続けに(しかも全てが別業務の)方々からきつく突き上げられる電話数件。時間外にまで。公としての、施策としての立場ゆえそういう役回りなのではあるけれど。

先週今週と土日が大会動員、は楽しいことも多くいいのだが、仕事の方は4月から毎日がぐったり。任天堂も浮沈の激しい企業だが、一時は暴落した株価もじわじわ上昇中。僕もタフに乗り越えるべく、心身維持すべく走る時間をつくらないと──

先週の大会

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。