五月の風に

タイトル通り

風薫る季節によく思いだしていた曲 ── を実際に聴きたくなったのでCD購入。アルバムの中の1曲、であっても22年の反動もある自分は散財にためらいがない(^^;)

昔と今とで違うのは、昔はレコード(テープ)だった分、全曲通してきいていた分、アルバムとしての印象が強いこと。好きな曲だけきける(買える)今が果たしていいのかどうか。

さておき、ファンの方なら御存知の、浜省の中では異色なアルバムでもうメロメロに甘い歌ばかり。声もアルバムジャケットも、のそれがまたかけがえなく貴重。

表題曲もいいが、このアルバムの中で一番、好きだったのは「君に会うまでは」。浜省は映像の浮かぶ歌が多いけれど、この歌もまさにそうで、曲に詞の乗る感覚が絶妙に見事だなぁ・・とあらためて思う。── と、カバーされていることを初めて知ったのには「シングルでも無かったはずのこんな歌まで!」と、浦島太郎な自分はとても驚いた。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。