種々オンライン

感染症拡大が

もたらした新しい生活様式、オンラインの活用によるWEB会議の類があちこちで。例えば、今週・・

火曜の説明会、今回はホールで行ったものの、感染症拡大中の前回はオンラインで。木曜の式典は、東京の講師による記念講演の部分のみ映像。土曜は私的な団体活動、これも講師の招へいが感染者発生の多い福岡からだったため、急きょZoom利用しての説明方式に変更。

3つはどれも会議ではなくて、講演者と聴衆、その後に質疑応答という同じパターンがちょうど続いたので感じたのは、後2者の聴く方だったのはオンラインでも充分。最初の話す方は、生身の聴衆を前にした方が雰囲気や空気感が感じられる良さが大きいと思えた。

いずれも生の対面に越したことはないけど、高名な講師の移動負担等を抑えられる効果は大きい。もっとも、そうすると最近、身構えるのは、会議を主催することが多い分、それだけで充分大変なところ、ハードルが低くなれば今度は頻繁に・・となるとそれはそれでまた増す負担の歯止め無さ。。

昨日のは、会場の通信環境が弱くて持参したwifiでさえ役に立たず焦ったが、何とか会場にとっても初めてのZoom利用による開催に成功。便利さは実感できたので、今後色々と活用できそう。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。