年を重ねると

遅い団体の定期総会が

まだ残っている6月、今日は自分の所属する団体の総会でもあったが、仕事で関係団体の方へ。

場所が海を見下ろす眺めの素晴らしい国立病院。疲れの続く一週間ながら、それだけで十分癒やされる。近くには先月に行った、これも仕事に関係する県立の病院。そういえば自分も別の国立、県立、日赤..と計4度も入院したが(笑)、こんな環境のところで入院したかったものだと思う。

用意された講演がDr.によるもので、そういえばこれも、3年前に出かけた四国の大会でもDr.の講演がとても面白かったりと、今日のDr.も繰り返していた「医者は1に人格、2に学問」というように、ともに人間の幅とでもいうのか、を感じさせてくれる。

過去の偉人の言葉を紹介するのが共通していて、以前のはヘレン・ケラー、今日はたくさん引かれた中で最後がオードリー・ヘプバーン。名言というのは、それだけを知るのも十分であるけれど、適切な文脈の中に引かれると一層得心がいく。いい話をきかせていただけた。

As you grow older you will discover that you have two hands, one of yourself, the other for helping others.

年を重ねると、人は自分に二つの手があることに気付きます。ひとつは自分を助けるための手。そして、もうひとつは他人を助けるための手。

帰って気付いたが、至近にある2つの関係先病院、仕事の対象はだいぶ違うものの、ともに今年10月に今度は中国地方の大会開催を山口で。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。