KANSO 理髪(その2)

いつも行く理髪は

20年来の行きつけの店。

理容師だけに店主のおっちゃんが話し好きなのは分かっていたが、確か失聴前に入院治療してステロイドが抜けていなかった頃、顔、身体、おまけに頭部にまで全身、湿疹が出ている状態で、迷惑をかけたことをはっきり覚えているものの、失聴後は当然にあまり話す機会もなく。

手術してからは代金のときに少し話せるようになっていたところ、先日はちょうど自分が閉店前、最後の客だったので、おっちゃんの方から色々、たずねられるのを皮切りに、手術やら腰やら、トシをとってからの健康状態やら(笑)、元々、自分も実家近くの地元なので地域のなんだかんだの話やら、で30分、帰らせてもらえなかった。。

先日、エントリしたコクレアのKANSO、軽い装用感がいいので両耳購入。ただ、前回も書いたとおり、職場では電話を使うので位置的な利便性で左のみ耳かけを。

人工内耳の技術も早いので、遠くないうちに完全埋込型、あるいは体外機ももっと小さく、いつか理髪の最中でも話せるような日が来るのだろうと思う。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。