精密 マッピング X'mas

真冬のサーファー

職場から精密検査未受診の催告あり、元々、指定年齢検診自体も遅くなっていたくらいで休みの取れない状態だったが、昨日金曜にやっと済ませる。異常なく安堵。

貴重な平日休、夕方は人工内耳のリハビリ(マッピング)へ。こちらもSTさんから「3ヶ月空きましたね」といわれるように2度、延期していた。きこえの方は落ち着いてきつつも、毎回、検査値の変わるのが面白く楽しみでもあり。左右差はあるが、前回よりもまた良くなっている方向。

左がもうすぐ術後2年、右が1年4ヶ月、と、これまでおおよそくらいにしか意識しなかった検査値としての数字を見ると、もちろん、数字よりも肝心なのは自身のきこえの感覚なのだけれど、数値自身も確かにはっきりと良くなっていることが分かる。、

運転中、2年前のちょうどこの週末金曜に入院したことを思い出しながら向かっていたが、思い出したとおりに病院は暖かく、入ってすぐにしたのが靴下を脱いだこと(笑)。とにかく病棟内は快適過ぎて外とのギャップが激しい。

帰り道、今度は去年の今頃、車中のラジオから「安奈」(1979)を2度、きいたことを想い出していたが、今日土曜は早速、定番の山下達郎(1983)が流れる。深津絵里に牧瀬里穂の出たシンデレラ・エクスプレスのCMが1987年~と、いい時代に学生だった当時。歌も時を経るほどにトラッドな地位を固めて強いね。

それで、ではないけれど、今月、よくきいているのが流線形'80(1978)


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。