四ツ葉と縁と

先週のこと。出張先で僕の話が出た、と上司の知らせていただけたのが初任地の岩国で手話サークルにいた時、お世話になった、というか、当時はお互い若くてサークルを通じてよく遊んでいた方。見せられた名刺で課長になられていたのにびっくりしたと同時に、2年前にも仕事の関係で連絡はしていたので、そんな歳月だなぁとも実感。

4月からのご昇進ということで僕も大変嬉しく思うし、伝えてもらえた上司にも感謝。

実は職場で、県内市町の誰が何を担当していて、という担当者名簿があり、これを見て常日頃から全市町の担当者とは電話連絡などし合っているのだが、部長、課長・・・というのが欄外記載だったので気付かずにいた(笑) 遅かれ気付いたとは思うけれど、こういう形で知ったのも余計に面白い。

県と市町間は人事交流あり、今年は岩国からの1名がやはり昨年まで同じ仕事で、と、しそびれていた挨拶に出向く。昨年はS市が、今年もうひとつのK市も同じ仕事で連絡をし合っていた方、と、ずっと以前は駅伝の刺客に送り込まれていたU君などをはじめ、歳月移る中、おかげで僕の方もいい交流をさせてもらっている。

仕事でいうと前の職場の同僚(後輩)が国へ出向中で、ここも仕事の連絡は頻繁なのだが、今年の僕の担当業務のひとつがちょうど一緒になったので、早速、たくさんの指導をいただいている。ついでに、こちらにも名簿があって、見ると一昨年、昨年とそれぞれ別業務担当の相手だった方が、また戻って別の担当になられていた。異動の早いことに驚くし、特に昨年は声をかけられた場所が都外の、こんなところで会うとは、というような場所。国の担当者と会うことは滅多にないのにこちらも面白い。後輩を通じて言付けをお願いした(下心では決してなく)。

4月の異動の余波で、変わらなかった自分も色々と楽しくさせてもらっている。と、話がだいぶ逸れたが、7年前にもサークルのことをエントリした岩国はとてもいい時代だった想い出の地。遺憾な思いの大きさも同時にあるが、それでも今も続く縁を嬉しく思う。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。