7月研修×4

暑い夏ながら

金曜は一日研修受講。3週前もそうだったが、本来は直接の受講対象ではないけれど、前回は先方から誘われ、今回はこちらから願い出てのもの。

今回のは事業所等の現場で実務に当たっておられる方らを対象としていて、特別に聴講という立場の僕は離れた後ろに用意された席で、かつ、皆さんラフな私服なのにほとんど一人だけシャツにスラックスという、自分としてはこれが普通の仕事着なのだが、比べると随分、きちんとしていた。

是非にと希望したくらいなので、講義内容は今の業務に直結かつ包括した題材の、期待以上に満足できるものだった。本来、自分達は知ってて当然、迄はゆかないが、とはいえ以前にも書いたように、この施策に関する法や制度やの変遷は専門的にずっと携わっていないと理解、それに加えて「解読」がとても難しくて、2~3年で異動する行政職員ではなかなか熟練の域までゆきにくい。最近は僕の職場でも以前に経験した部署に戻ってくるケースが増えているのだけれど(効率性もあり)、それでもこの職場は、以前と今とでは全然、違っていると嘆かれる。

受講の方がこの(受講者名簿に名前のない立場で)特別にきかせてもらえた2件と、先週と先々週に各1回、講義する方の2件。それぞれ、全て、必死に勉強させられる形となった。

用意されている研修等があっても普段の仕事の方が山積みで手が離せない、休みさえ取りにくいところに研修は簡単に希望しにくい常日頃であるけれど、それでもそれ以上に得られる効果の大きいことも確かで、特に今の職場は狭くて書類も多くて猥雑で難題に囲まれていて・・・なので、身を離れる意味で今後も機会あれば活かしたい。

20160729

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。