あの日 あの時

再会の候

先日「風は止んだ」をエントリしたときに収録DVDが3枚組のベスト盤ということを知り、中島みゆきの時に書いたのと同様、やはりまた自分の知る時代が1枚目、時代にして1/3なのだなとよく分かった(笑)。でも50曲3,899円はお買い得で買ってもいいなと思いかけたところに、初期のベストとOh! Yeah! までのCDは持っていたのが分かり、忘れていたという以上に記憶に無いのが笑えてしまった。

ところで、先週火曜、今年新しく担当となった業務の会合のときのこと。県内色んな立場から集まっている、それぞれ初顔合わせということも多くて挨拶をしていた時、26年前の岩国の時に知った相手だったのが名刺を交換した瞬間に「え!」と思い出されてお互いに驚いた。

先方は名前も変わっていたし、あるいは顔だけでも思い出せなかったろうが、当時、ちょっとした勉強会(という名の交友会)の場で、官民様々なメンバーの集まる中、先方の職種が非常に特殊なものだったことを覚えていたから気付けたものだった。僕の側からしても結構、特殊な業務で僕自身、知らない世界だったのだが、こうしたところに接点があるのかと思いがけなさに驚くと同時に、専門職の立場でずっと一筋に携わっていることにあらためて尊敬の念を強くさせられた。

当時ヒットのラブ・ストーリーは突然に、なものでは全然ないのだが(笑)、最近というか、ここ半年一年というか、こうして同級生や同期やといった懐かしい顔に久しぶりに会うことがとても多い。先日、出かけた病院は予約が1ヶ月先になる人気なところなのだが、ここでも同級生とばったり。実は同じ職場でそれこそいつも顔を合わせているのだが、まさか市内でもない病院に休みを取って出かけた順番が前後するとは、お互い老化が原因の診察だけに苦笑せざるを得なかった。

今年は10年振りに高校の同窓会も。こちらも昨年末から今年4月に続けて会っているメンバーが中心で、僕も陸上を通じてや職場の関係や、で接点のある同級生の多い方なので呼びかけている。懐かしい顔ぶれに会えるのを楽しみにしている。

20160619

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。