震災後一週間

さすがにこれだけの事態に遭遇するとブログに向かう意欲はなく、また個人的にもバタバタしていたこともあり10日ぶりの更新。何の役にも立たないブログの非力さと無力さを承知しつつ、被災地の復興を祈りながら再開。

金曜当日は神戸に仕事で出向いていて、帰り、一本次の新幹線(のぞみ)が横浜辺りで揺れた(止まった)のではないかと思う。多少遅れはした、満席で座れなかったものの「無事に乗れて良かった」と安堵。乗車中のニュース(九段会館)では被害の甚大さがピンと来なかったが、iPhoneや新山口駅到着後のテレビから少しずつ情勢を知る。

テレビのニュースにもなっていた当地の友人にメールしてとりあえず無事を確認。その後、各地のろうマラソンメンバーの状況が知らされて、被害の相当、広範囲に及んでいることなどが分かってくる。帰宅後、事態の深刻さをテレビで知る、やがて画面を正視することもできなくなると、新幹線に乗れて喜んだ自分が情けなくもなった。

その後、悪夢が二重三重にも重なり、その一方でひとまず自分の周囲(西日本)の平和であることの有難みといっていいのか、何とも落ち着かないような気持ちが続く。その間、たくさんの悲劇やまた、世界中を巻き込んでの感動もあったり、身近なことでいえば、例えばイベントが中止になったりならなかったり、その賛否であるとか、この一週間、ものすごい量のことを考えさせられた。受け止める量が多すぎて、キーボードを叩くだけのキャパシティがなかった。

三連休は明日明後日にまた用あったり雨も降りそうなので、彼岸の墓参りを今日、済ませる。それくらいしかできないが、しっかりと祈っておいた。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。