システムという名の苦悩

仕事の話。毎月、遅くなる業務というのがあって対象者は3万人弱、をラインの3人で手がける。

差し迫っている今日は休日出勤という形であらためてその年間分(12ヶ月+2ヶ月)、のそれぞれA、Bパターンについて差を確認。

書くと簡単でも対象の属性も適用される基準も一人ずつ、かつ毎月、違って、システムに乗るとはいっても、最後は人の頭と電卓による手作業。かつ、頭の方の比重が大きく、その方面に決して精通しているわけでない僕は最初の一人(というのが得てして厄介なケースなのだ)に2時間超かかってしまった・・・。

何事もなく動いているのが当たり前と思われ、イレギュラーがあると途端に叩かれる、実は維持するのも大変な仕事の苦悩。派手なイベントをうつでもなく、商談を成功させるでもなく、功績が目に見えない、報われないところ大。

まあでも深夜や休日は、普段は折衝やら打合せやら問い合わせやら電話やらで大わらわの優秀な2人がいつも同様テキパキと進めてくれて助かった。

考えてみると僕は普段から電話とか打合せとかが出来ない分、こうした時こそ役に立たないといけないのだけれど、いかんせん人に問われて対応してゆく中でこそ身に付いてゆく経験や知恵というのが絶対的に不足しているのだ。

一年経とうとしているが、この3月も来年度4月以降も恐ろしい不安は続く。


閑話休題
途方に暮れたが、WBC日韓戦で日本の勝利に気分爽快。開幕前の壮行試合でイチロー、松坂の不調が伝えられていたけれど心配はしていなかった。持っている力のケタが違う彼らは本番になるときっちり力を出してゆくタイプだから。


 

  Related Entries


 comment
  1. あっき~☆ より:

    同じく気分爽快!
    昨晩は外食(実は呑み)の約束をしてて(←延期することもできず)、生で見れなくて、呑んでる最中も気になって気になって、申し訳ないのだけど、後輩にメールで実況中継依頼。
    いやいや侍japan、明日も頼むぜ!
    休日出勤お疲れ様。
    とある社長のお言葉:仕事の9割は雑用
    9割には?だが、わかる気もする
    日の目を見ない仕事や表舞台は華やかだけどその裏には沢山の人が携わっているし。
    マラソンもそうだよね 
    大会に出るのは簡単だけど、いいタイムや心地良い達成感は常日頃からの積み重ねが肝要。
    西川きよし戦法「小さなことからコツコツと!」で行くしかないか~~。

  2. より:

    外食、おつかれです。
    色々と飲みニュケーション(古い?)が大切なんだろうね。
    しかし、人間ドックの後も忙しそうで、くれぐれも無理はせず、ご自愛を。
    常日頃からの積み重ね、そうだね。大切にしないと。
    加えて今は、うまくゆかないとき、もがいているとき、どう切り抜けるか、対処するか、と苦しみながらも闘っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。