営業的な性格

たまに出かけると思うこと多く、出張の話の続き。

どこかに出かけて誰かに会って、人と話して(話をきいて)、新しいことを知って、脳が触発されて・・・というのは本当に素晴らしい。

僕も自分でも営業職や教師や・・・といった業務に惹かれたし、向いているところはあると思う。本来、相手と合わせ、人と話をすることが好きで、人から話を引き出すことが得意な方だ。

このブログを読んでいると、そんなふうには思えないといわれそうだが(苦)、それは「きこえない」という事実がそうさせてしまうのだ。「きこえない」ことは人と人とを断ち切ることであり、行動が束縛され、制約され、人との交流が断絶されがちになる。一度や二度でなく、永遠の壁の前には自ずと思考や意識も内向きになってしまう。

話のできることが素晴らしいといっても、きこえる人には当たり前すぎて気付くこともないだろうが、当たり前の世界に時折、触れると考えが広がってまとまらない。これも本来は、人と話すことで消化(昇華)されてゆくもの。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。