昨日の続き

昨日エントリしたソフトの続き。

鼻持ちならない野郎もいる一方で、普段、見えない部課をこえての多くの人の良さにも気付けた。

幸い今の課はそういう方が多い幸運を再認識させられもした。休日の行事にも近隣を問わず参加する健全性(というのも語弊がありそうだが)、今の時世、休日にまで仕事の延長の行事なんてまっぴら御免というのがもっともな中、応援のためだけに来られる人にも本当に頭が下がる。

話してみると思ったより○○だった。意外に・・・というのはよくあるケースで、でもその話ができる入口にゆけずとも、人柄をはっきりと感じ取ることができて、そういうことを知り、尊敬させられる点を見出せると我が身を律するよい指針にもなる、非常に得ることの多い一日だった。

ソフトで何していたのだ? という感じだけれど、案外、僕にはこちらの方が大切で貴重な経験だった。もちろんプレーの方では沢山、貢献して、おかげでものすごい筋肉痛である。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。