タイムトライアルで外周デビュー

5年ぶり

水曜は月末の駅伝に向けた部のタイムトライアル2回目。

案内に状況をみて行けそうなら行く、と答えておいたら、週末両日の仕事まで午前様になってしまうくらいの目処のつかなさにそんな状況でなかったことを思い知る日曜日。ブログを書いている余裕も当然、ないが、これもグチ、ストレス解消として。聞き流していただければ。

国体に合わせた競技場改修で長らく使えなかった外周、春の競技場オープンに遅れることさらに半年以上待った昨年11月頃からようやっと使えるようになったらしい、僕も遅まきながら初めて訪れての外周デビュー。練習自体も6月にエントリしたシーズン初競技場練習 以来、半年以上ぶり。

年末のダム湖周回はみんなより距離を長めにしてのペース走としたが、今回は10kmトライアルをきっちりと、のつもりで。ただ、練習も生活も、ともに疲労の濃い状態の中で、この状態なりにどの程度、走れるか、を試す方に重点を置く。5年ぶり新設舗装には10年前のシューズで中和。

スタートは8秒遅れ。先日(先週)のエントリで「人よりスタートが少し遅れても」なんて書いたら、本当にそうなってしまう。急ごしらえアップが足りなかったこともあり追いつくのに2kmもかかってしまった。

そのせいかどうか、レースのつもりで走っても前後半イーブンのペース走。ペース走には自信を持っているが、年をとってゆく分、最大トルクがやはり低くなっているのか。まあでもタイム的には十分で、最後にここの外周を走れた5年前、同じ1月のトライアルのタイムを上回った。あるいは改修で、もしかして短くなったのか?

これで昨年は年末にやっと合流できた練習を早くもクリア。1人でのんびり、に慣れきってしまっている、平日にこんな質の高い練習をしない自分には、周囲にたくさんのランナーが頑張っているのをみるといい刺激になる。久しぶりに平日にいい練習ができた。

これが最初で最後にならないように、時々は行けるといいのだが──。

最近、出かけてないので画像もなく

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。