レースの代償

激しい筋肉痛

レース後の当日はそれほどでもないかと思っていたが、翌朝月曜からいつもの大腿前面に強い筋肉痛。

2日間は歩くのがやっと(歩きも不自然)。3日目の今日、トボトボにJOG可。様子から見てまた全治に一週間以上かかりそう。今年初め、1月~2月にもずっと筋肉痛を引きずり、肉離れ寸前で駅伝にも出ていたのと同じ。

7月の5000mレースを終えて約2ヶ月、夏休みモードになっていたから当然とはいえ、相変わらず弱い足。かつ自分は一人でのんびり走るのが性に合っているゆえ、競い合って追い込んだ練習をするとかレースを想定した質の高い練習などがないといえば全然、ない。

まあ、もう少し暑さをやり過ごせばそろそろ走れるのでは──。

またソール剥がれ

3年前のこのレースで GL-X (赤)の両ソールが見事にぺろりと剥がれてしまったことを当時の完走記にも書いたけれど、あのシューズは接着剤で補修してからその後、再びレースにトレーニングに大活躍してくれた。ちょうど先月7月に7年の寿命を全うさせてやったばかり。

3年前の大会後

入れ替わりにまた同じ GL-X (青)をトレーニング用に。ぬかるんだ山道を踏ん張る場面の多いこの大会はシューズもソックスも酷くなることが分かっているから、これまでもいいシューズは使ってこなかったが、こちらも7年前の同じ(色違いなだけの)シューズゆえ、やはりというか、一発で同じ症状になってしまった。

加えて今回は、前足部分、シューズ本体(アッパー)とソールとの接合部分もはがれてしまった。足も鍛えていないが、走り方も上品でないというか・・・。

まあでも、こちらもまた接着剤で補修してしばらくは使うつもり(来年のこの大会も?)



ソール剥がれ ウェーブスペーサーGL-X
9年前のGLに続き、当時はとても完成度の高かった7年前のウェーブスペーサーGL-X

 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。