3週間ぶり外周10km走 手術、手話

手術後19日、退院後12日

さしたる内容でも無いのに前回10km走エントリへのアクセスが飛び抜けて多いのはなぜ? な以来の駅伝選考会3回目、入院後3週間走らずにいての、ぶっつけ10km走。

ブランク明けにはそれだけで充分いきなり過ぎるが、全身麻酔(という普通には一生の内で経験することのない)手術を受けてからまだ20日足らず。耳とはいっても頭部にメスを入れてかつ人工物を埋め込んで、の今後、果たして以前のように走れるのかどうかすら不安に思っていた中、ムリするところではないのだが。。。

仕事始めに同じ4日からゆるいジョグを開始したばかり。完走できたとして45~50分前後を考えていたが、なぜか今年はトライアル日の気象コンディションがとても良く走りやすく、で自分にも予想できなかった、驚くほどの好タイムで走れた。

1/9(土)3.39-44-40-38-35(18.16) 38-37-32-33-33(17.53) 36分09秒

12/16(水)3.26-27-25-27-29(17.14) 28-27-27-28-23(17.13) 34分27秒

12/12(土)3.15-29-29-33-31(17.17) 31-33-32-33-28(17.37) 34分54秒

── 足にも頭にもかなりムリしているが(笑)

最初が速かった分、今日に限っては3~5kmで止めても許されるだろうきつさの中、後半が持ち堪えたのは意外。手術後19日、音入れ後5日という状況にしての人工内耳装用者では世界記録(笑)

さておき、大半の部員とも手術後は初。何人かには気に掛けていただいたが、走るので外ではまだ機器を装着しておらず。面白かったのは、部関係外でも色々と会う顔あり。一週間前に装用者の先輩と会ったが、その共通の知人で手話可の聴者。これもまだ音声会話にはならなかったが、相手が手話ができるなら自分も手話の方が楽。よくこんな意外なところで3人がつながる縁ではあるのだが、こちらは僕が失聴してすぐからの20年来ずっと、のつきあい。普段から会うわけでは無いのに、手術後すぐに会うというのも面白い。

練習後の昼食ですき家に入ったら職場の同僚家族、と今度は聾の夫婦。同席させてもらい、おかげで楽しく昼食ができた。基本的に聾者はおしゃべりが多く、かつ特に彼が聴者にはいない面白過ぎるタイプのキャラクターなので、ずっと笑わせられ通し。

人工内耳で今後、会話のできる幅が広がってゆくだろうにせよ、もちろん完全に聴力を再生するものではないし、自分にとって手話は今後も大切なコミュニケーション手段。── ということを音入れをして少し会話ができるようになり、あらためて感じる、手話の良さを思っている。

20160106
謹賀新年 今八幡宮

 

  Related Entries


 comment
  1. みっちー より:

    すごい!ぶっつけでそのタイムとは。( ̄◇ ̄;)。
    タイムだけでなく、いきなりT.T.してしまうのも驚き。
    無事走りだされた事がわかりよかったです。^_^

    • より:

      みっちー、レース前の時間にまでありがとう。
      正直、だいぶムリはありますが(反省)、とりあえず走れることが分かったのはよかったです(^^)
      これからまた慣らしてゆきたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。