Slowly Jog

7週目

受傷後7週目。よくケガの治療期間で4-6週というので満6週を一つのメドにしていた。本日よりスロー・ジョグを開始。

これはリハビリ編にした方がよいかもしれないが、急性腰痛のリハビリは動かせる範囲で積極的に、ということなのでウォーキングから。その後、衝撃のない階段も。一番、不安だったのが着地衝撃に耐えられるか、という点だったので縄跳びなども少しして慣らしておいた。

最初は50mゆっくり走って止まる。確認。100m。200m・・・と10分超、計約2km。

先日、紹介した子どものスポーツ障害とリハビリテーション で良かったのは「リハビリテーション・プログラム」というのが分かりやすく図解されている点。

腰部筋挫傷のリハビリテーション・プログラム
腰部筋挫傷のリハビリテーション・プログラム

これによると「腰部筋挫傷のリハビリテーション・プログラム」は重症の場合で

  • ~3日アイシング
  • ~2週間安静
  • ~3週間 アイソメトリックス・ストレッチング等
  • ~6週間 レジスタンス・トレーニング
  • ~競技復帰

という目安になっている。順調なら今、競技復帰できている・・・というのは、あくまでこの本の対象の「子ども」の場合。若い頃なら治癒に向かうところが、今ではひたすら老化に向かうなど、ベクトルも全く違って治りも遅い。数年後には1週間を1ヶ月と読み替えるくらいになろうことも覚悟している・・・。

アイシングも5日続けたように、偶然にしてはこのプログラムのほぼ2倍の時間を割いて実行していることになる。ちょうど今からレジスタンス・トレーニングを徐々に、という感じ。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。