これからがシーズン

足早に駆けつけると競技場もまだ明るく

昨日、残業で走れなかったから今日は決然として定時に立ち上がり競技場へ。11月以降、治療に通っていた(後、職場に戻っていた)ことを思うと、日も長くなっていて気分明るく晴れやか。毎日、こんなふうに競技場に出向いて練習できれば記録もだいぶ違うんだが。


3月というこの時期はもう、1シーズン終えて休養している頃、あるいは今週末の実業団ハーフでシーズンを締めくくる者、一足早く春のトラックシーズンに向けて始動する者・・・といったところなのだが、シーズンを終えていない ・・・というより、シーズンのまだ開けていない者、約一匹。

20000mの一匹ペース走にトライして71分09秒。

先日の駅伝で「8割方、戻してきた」というのは距離も短かったから錯覚していたようで、やはり過大評価だった。貧血も改善しておらず、ここずっとまだ走りも重く、7割に下方(&遡及)修正。今日、走れてやっと7割5分くらいだろうか。

相変わらずまだ足は重く「シューズに鉛でも入っているのか!」というくらいにバタつくのだが、それでも今日はペースを抑えて走りきることが目標だったから、一応、良し。貧血の改善遅く、相変わらず起毛ハイネック長シャツを着て1滴の汗も出ない不健康な身体だが、もう少し暖かくなればだいぶ違ってくるだろう。

年をとると貧血の治りも時間がかかるようになるが、必ず体調は取り戻せるはず。昨年は駅伝後に上京して翌日、東京マラソン。3日後にはもう今日と同じペースの練習ができていたように体調さえ戻せばもっと思い切った走りが出来るようになるはず。

今年は特別なシーズン。春のトラックレースを意識せずに、デフリンピックに向けてゆくつもり。春~夏に走り込み、というのは初めての試みになるけれど、冬場にケガや貧血で走れなかったことの災いを転じさせるつもりで。今年の僕はこれからがマラソンシーズン。

42歳カズの最年長Jリーグ出場、38歳岡部のW杯最年長優勝に負けず、頑張りたいね。僕も2週間後には42歳だ。


 

  Related Entries


 comment
  1. みっちー より:

    仕事、疲労骨折、貧血と苦しんでいる中で20000mペース走を71分とは・・・完全復活したらものすごいですね。まったく年齢を感じさせませんね。同年代としてはすごく励みになります!!

  2. より:

    簡単に繰り返す貧血体質を何とかしないといけないですね。
    あとやっぱりケガも慢性化しつつあり・・・。
    がんばる&がんばらないのせめぎ合いです(^^;)
    みっちーもTokyo頑張ってください!
    応援しています~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。