読み物 

 2009/01/10読み物

マイノリティのランナー

村上春樹(2007年刊 文藝春秋) 2008/06/15 第7章読了、2008/ ...

 2009/01/08読み物

もう誰もテーブルを叩かず、誰もコップを投げなかった

村上春樹(2007年刊 文藝春秋) 2008/01/20 第6章読了、2008/ ...

 2009/01/07読み物

脚を運びながら、頭の中で順番に言葉を並べていく

村上春樹(2007年刊 文藝春秋) 2008/01/13 第3章読了、2008/ ...

 2009/01/05読み物

僕は小説を書く方法の多くを、道路を毎朝走ることから学んできた

村上春樹(2007年刊 文藝春秋) 2008/01/13 第3章読了、2008/ ...

 2008/01/08読み物

走るという行為を軸にした「個人史(メモワール)」

『走ることについて語るときに僕の語ること』第3章

 2007/11/27読み物

人はどのようにしてランナーになってゆくのか

第2章「人はどのようにして走る小説家になるのか」

 2007/11/18読み物

懐かしい沈黙の中を

走ることはエクササイズであると同時に有効なメタファー

 2007/11/01読み物

選択事項(オプショナル)としての苦しみ

村上春樹著『走ることについて語るときに僕の語ること』

  Related Entries