脚を運びながら、頭の中で順番に言葉を並べていく

村上春樹(2007年刊 文藝春秋)

2008/01/13 第3章読了、2008/01/14メモ


第5章「もしそのころの僕が、長いポニーテールを持っていたとしても」

2007年刊
文藝春秋

チャールズ河沿いを走りながら著者は、追い抜かれてゆくハーヴァードの新入生らしき女の子達の揺れるポニーテールを眺める。

本章も前章に続けて、小説を書くことについての走りながらの考察で、女の子達ほどの若さや力強さは持ち合わせていないけれど、職業的作家として生き続けるために確たる目的を持ってトレーニングを継続してきている著者の自負が繰り返されている。

間違いなく、現代の日本作家で世界に誇れる第一人者である著者の言だけに異論の余地のない説得力に頷かされる。

目的でなく手段であること

自らの職業を支える手段として走るのであり、決して走ることそのものが目的でないこと。これは大切だと思う。走ることにはまると、得てして目的そのものになってしまいがち。記録や順位に血眼になってしまい、毎日、「よく走れるかどうか」だけが気になって、生活の中心に、さらには仕事よりも家庭よりも地域社会よりもランニングが生活の全てに優先する・・・とまでなってしまう。

著者自身もウルトラマラソンに挑戦するなど、この競技にはまると泥沼のように抜け出せない面があるように、ランニングは日々の習慣になる利点を有する分、そんな毒もあわせもつ。

他人に比べて速いとか記録が立派だとか、良くなったとかいう自己満足も確かに大切だけれど、記録や順位以上に、仕事や家庭や社会に活かされることの方が大事。今、空前のランニングブームで雑誌の創刊も相次いでいる。一般誌でさえ「速く走る」ための特集が頻繁に目に付くけれど、実業団選手でも部活動の学生でも、彼らの指導者も、そして市民ランナーも、「そんなに速くなって一体どうする?」「社会に何か還元できているか?」・・・これは我が自戒としても忘れぬようにせねば。

また著者は、走りながらだと英語のスピーチを組み立てるのにも向いていると末尾で述べている。

ほとんど無意識に脚を運びながら、頭の中で順番に言葉を並べていく。文章のリズムを測り、言葉の響きを想定する。そうやって意識をどこか別のところに置きながら走っていると、無理のない自然なスピードで、長い時間ジョグが続けられる。

これは皆、似たようなものを持っていると思う。大きな気分転換になるのはもちろん、走ることは仕事そのものの生産性を直接に高める。僕自身も走りながらだと、こんがらがっていた問題の解決が見つかったり、ふといいアイデアが思い浮かんだりする。記憶力も非常に高まる。このブログも(もちろん仕事も)、机の上でパソコンに向かっている時よりも、走りながら考えている方がささっと、要領のいい文章に組み立てられる。

走ることはやはり、そういう面で活かされないといけないね。

第4章:★★★

僕の考える文学とは、もっと自発的で、求心的なものだ。そこには自然な前向きの活力がなくてはならない。僕にとって小説を書くのは、峻険な山に挑み、岩壁をよじのぼり、長く激しい格闘の末に頂上にたどり着く作業だ。自分に勝つか、あるいは負けるか、そのどちらかしかない。そのような内的なイメージを念頭に置いて、いつも長編小説を書いている。



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。