防府読売マラソン 観戦

一週間遅れのエントリになってしまったけれど

昨年久しぶりに出場したこの防府の時、また、今月の福岡の時にランナー仲間らに応援をもらえたことがとても嬉しかったので今度は自分が。

大会前から寒波が心配されたが、12年前の大雪ほどではなく、風が多少強いものの、3~5m/sの風ならトップの選手にはむしろ悪くないコンディションかなともスタート前から思えた。

ちなみに朝の山口は積雪で、溶けることは分かっていたものの、まだ替えてなかった冬タイヤに交換してから出かけた ── ら、防府方向に南下する数キロ先でもう雪の降った痕跡は全くなかった・・・ほどに、峠を越えた市内中心部は底冷え。

僕は友人がいわき(福島)にいるのだけれど、その友人がよく「いわきはあたたかくて走りやすい」という。アメダスをみても実際、最低気温は山口の方が低い時が多い。雪景色の画像も防府に泊まっていたランナーには信じられない光景と思う(笑) ついでに夏の暑さは桁違いで、普段、走っている自分でさえ、夏の自転車通勤はもう耐えられない・・・年齢。下関などのように海に近い方が夏涼しく冬あたたかく、で練習環境はだいぶいい。

さておき、応援はとても楽しめた。門戸が広がって幅広いランナー層な分、どこのグループにもたいてい、見知ったランナーがいるので応援しがいのあるレースだった。沿道で応援するとランナーの懸命さがよく分かり、川内の人間離れした強さにもあらためて驚愕。自分も選手の走りからいい刺激をもらい、また頑張ろうと思えた。皆さん、おつかれさまでした。

大会当日スタート2時間前の山口市


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。