続・読売山口スポーツ大賞優秀賞受賞

東亜大学の快挙

実は今回のページは、こちらの方を言いたくて書き始めた(打ち始めた)のだが、僕以外の1団体、2名の受賞者は、文句のつけようがない素晴らしい成績(いずれも全国トップ)で県スポーツ界に明るい光をもたらした。このうち、特に大賞となった東亜大学硬式野球部のことについて述べてみたい。

東亜大硬式野球部は昨年11月の明治神宮大会で9年ぶり2度目の優勝を果たした。 高校球児にとって甲子園がそうであるように、神宮大会は大学野球の頂点を決めるものである。最近はベンチ入り全選手が他県出身選手というような私立強豪校が増えてきているが、それでもまだ高校野球は各都道府県の戦力がそれなりに均衡している。甲子園という舞台では意外な番狂わせがあって、無名校が勝ち進んでいくこともり、それが魅力である。ところが、大学野球ともなると首都圏と地方の大学とでは、選手の揃え方からして圧倒的な差がある。実力のある選手は東京六大学をはじめとする首都圏、あるいは関西圏域の大学に進学する。そうした有名大学の野球部は、ほとんど全員といっていいくらいに甲子園経験者で占められている。これは野球のみならず、大方の競技でそうだろう。陸上の長距離を志すものが箱根駅伝を走りたくて関東の大学を選ぶように。もちろん、優秀な高校生が憧れの舞台を求めて進学先を決めるのは当然で、それは止めようがない。

必然的にこうして実力の偏在する大学スポーツ界で、東亜大は、甲子園出場者どころか、高校時代、硬式野球部でなかった部員さえいるという。さらには専用グランドもない。高校でさえも最近は専用球場に加えて照明設備と雨天練習場まで備えているケースが珍しくない中の、本当に貧弱な、厳しい練習環境で東亜大学は全国の頂点に立った。首都圏どころか、大阪でも福岡でもない、地方の代名詞のような山口県にある一私立大学の快挙である。

同じ大学野球でも扱いの差

僕自身、大学で野球をやっていたから、この出来事のすごさがよく分かる。僕が所属していたのは福岡県内の6大学が加盟する九州六大学というリーグ。福岡にはもうひとつ、福岡六大学リーグもあって、こちらは最近、九州共立大学から福岡ダイエーホークスに柴原、新垣、馬原選手らと立て続けにプロ選手を輩出するようになって、世間の認知度も高くなってきているが、そうはいっても、リーグ内でのごく一部の、最近のことである。以前はたとえリーグ内で優勝しても、全国大会では太刀打ちできないということが多かった。説明は不要かもしれないが、僕自身はリーグ下位のチームの、そのまた全く使えない選手であった。

この実力差のせいか、15年以上前に在籍していた僕も、首都圏のリーグと自分達のいるリーグとに対する世間の注目度の違いというものを痛感させられていた。例えば、マスコミの取り上げ方。

春秋のリーグ戦開催中、地元でも新聞記事に掲載されるのは東京六大学の方が大きいのである。プロ野球のように出場選手の各打席内容が一覧で掲載されるのは後援(協賛?)企業の西日本新聞のみで、読売、朝日、毎日の大手新聞には結果しか載らない。リーグの歴史が違うとはいえ、この扱い方の差はあんまりではないかと思っていた(一時期だけ朝日新聞が掲載してくれたが、すぐになくなった)。

瑠璃光寺の梅 /
瑠璃光寺香山公園の梅

この苦々しい思いは今もずっと感じ続けている。山口で読む全国紙もスポーツ欄に載るのは東京六大学である。東亜大学や山口大学の所属する中国地区大学の試合結果は、山口版地方欄の下の方にしか掲載されない。逆じゃないかと思う。たとえ、全国紙といえども山口(中国地方)で読む新聞なら、東京六大学の結果ではなく、中国六大学(中国地区大学一部リーグ)の試合内容をスポーツ面に大きく掲載してほしい。

僕は今では自分の卒業した大学や所属したリーグ以上に、山口に住む者として、山口大や徳山大、東亜大その他の県内大学を応援したい気持ちが強い。遠い東京の有力大学の結果(だけ)ではなく、リーグ戦のときから地元の大学の、地元選手の結果を伝えてほしいと思う。地域に住む者の気持ちに応えてくれる紙面であってほしいと願う。

山口スポーツ界のレベルアップ

山口県は昨年、国体で最下位という厳しい結果を味わった。県としても今、2011年開催の山口国体に向けての選手育成、強化が喫緊の課題となっている。 もちろん、県が旗を振るだけの取り組みには限度がある。学校、地域、各種団体を巻き込んでの大きな取り組みとするためには、この意味でもやはり、県民への訴求力の何より強いマスコミのバックアップが欠かせない。今、それをしてくれているのが読売新聞社である。「スポーツ振興と地域づくり」とした特集が今年になって連載され、元女子バスケット五輪選手・原田裕花さんの講演や山口会議と題したパネルディスカッションの内容などが掲載された。スポーツ大好き人間として僕も興味深く読んだ。そこでも、選手が高校・大学進学時に県外に流出することないよう県内に優れた指導者がいれば、受け皿があれば・・・ということが強調されていた。

受け皿に乏しいのが現状であるけれど、一方で、今回の東亜大学のように有力選手が競って入学してくるのでもない大学も努力次第では日本一になりうることを示してくれた。東亜大は9年前にも優勝しており、そのときも僕は大いに感動させられたのだが、今回のように東亜大の快挙が県全体のスポーツ界に波及効果をもたらしてくれるよう、積極的な取り組みを企画してくれている読売新聞社にも敬意を示したい。

東亜大学や他の受賞者、歴代受賞者に比して、自分の何とちっぽけな存在であるのか、萎縮する気持ちと恥ずかしさはなお消えないのだが、この大き過ぎるプレッシャーを僕も今後の励みにしたいと思っている。


【参考記事】


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。